かめふーのひとりごと

アクセスカウンタ

help RSS 武蔵五日市駅から大岳山

<<   作成日時 : 2009/03/16 14:06   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 12

平成21年3月15日(日) 土曜日の冷たい雨から一転の青空。
亀戸駅6:16 武蔵五日市駅には時刻表通り7:58到着
かなりの数の登山者が改札口を抜けて、バス停は人混みが出来ている。
画像
  駅舎を出たのは8時をほんの少し廻った時刻、歩数計は1778歩を示す。この歩数計は毎夜12時に24時間単位で切り替わり7日分のメモリー機能付。飲み会の帰りにふらふら歩いていてふと見ると500歩の数字が見えて酔いが醒める事も度々。そんな時間にふらふらすな!!
混雑するバス停に背を向けて駅前を走る桧原街道を西に向う。前方に山姿の単独女性が行く。もしかして同じ登山口を目指しているのか。後ろから荒れた足音が近付き無言で追い越していく、登山靴の中年男性。路地に消える、かめも続く。

画像
  住宅の塀の中  標識
カメラを操作するうちにもう独り男性が追い越していった。 ふう 皆さんお速い!

画像

画像

画像

画像

小学校の脇を抜ける 路傍には春の色彩
画像


画像
   山路に入り暫くで金比羅神社 その先に468mの金比羅山。
今日の計画はこのまま日の出山に登り、御岳から大岳山と歩き馬頭刈尾根を下って馬頭刈山から十里木へ出て、桧原街道を歩いて武蔵五日市駅に戻る。延長29km(パソコン地図で計測)累積標高差上り下りともほぼ1900m。

画像
  標識の麻生さん(山)も何か気がかり
日の出山荘 麻生さん なにか繋がりが??? あるわけないねえ

画像
  杉の植林帯が伐採されていた。停滞する林業、いくらかは動きもあるようだ。休日なのに遠くチェーンソーの甲高いエンジン音が・・・・

画像
  木立の隙間から目指す大岳山が確認できた。さて 近いのか遠いのか。 前後して歩いていた女性を振り切ったようだ。先にはもう独り男性が歩いているはず。

画像
  右に左に山路を分ける
気がつくと麻生さん(山) いつの間にか背後に・・・登山道からは離れていたようだ そこに標識があったかどうか
人気(ひとけと読んでくださいね)がないのかな

画像
  日の出山が近付いた、と言っても山が見える訳ではない。深い植林帯で眺望はない。標識で知るのみ。

画像
  関東ふれあい道 何処へ行ってもこんな階段を作ってくれる。間伐材の有効利用とでも解釈しましょうか。かめは苦手ですが。

画像
  10:50 日出山山頂902.0m 大勢の老若男女 楽しげにお弁当を広げていた。 今朝から歩いて来た尾根は見えない。御岳山は近くに見えている。かなり広い頂上を人混みを分けて少し歩き回り、御岳への道に入る。 すると 来るは来るは 別のパーティなのかツァーなのか中高年ばかりがぞろぞろと登ってくる。
数十人が固まり、数人が また独り そして数十人 次々と登ってきた。時として幅2m近い階段を4人で並んで押しあがってくる。気の弱いかめは道端に避難した。

画像
  11:32 随神門を潜り、御岳神社の階段下 今日は先を急ぐゆえ 礼拝はご勘弁。左へ大岳山へのよく整備された道へ歩を進める。

画像
  天狗の腰掛杉 何度も見上げているのだが

綾広の滝への分岐手前の水場で今日最初の休憩。ここまでは立ったままで水分補給 歩きながら握り飯。
五日市までの電車の中でペットボトルのお茶500ccを飲んでいた。歩き始めにはペットボトル500×2本が背中にあり、ここで1本目が残り少し 当初の計画では御岳で不足分を購入するつもりであったがなんとなく通過してしまった。 無理に飲み込み空にしたボトルに水を満たす。 先ほど、天狗の腰掛け杉で少し迷ったが奥の院・鍋割山を省略して芥場峠への道を選んだのだが多分正解。日の出山に比べてこちらは静かな道だ。時折登山者とのすれ違いはあるがオバチャマ達のはしゃぎ声は無い。先ほどのあれは何だったのかなあ

画像
  大岳神社には12:53

画像
  大岳山1286.5mの山頂には13:05到着。漠然と予定していた時間のようだ。 頂には30人ほどが山の時間を楽しんでいた。

画像
  富士山は直ぐそこに聳えるのだが霞んだ大気と午後の陽射しに眠たげである。

画像
  南と西方のみ開けた山頂からの眺め

画像
南に遠く丹沢山塊  その手前は笹尾根 生藤山辺り 数週間前に歩きとおした尾根だった
一番手前は浅間嶺からの尾根

画像
  何列かに連なる山並み 一番手前に右から左へ下るのが御前山から北秋川への湯久保尾根    2列目は浅間嶺の尾根筋   3列目笹尾根、富士山の丁度手前が丸山で右の鞍部が笛吹(うずしき)峠   4列目、富士山への線から少し右にづれて権現山
右奥の5列は三ッ峠から右へ御坂の山々  左奥に6列目が杓子山 左手に御正体が繋がっていたのだが画像をUPしたら切れてしまった。残念
そして 富士山の向う 彼方にひまらや?

画像
  山頂を辞し一旦大岳山荘まで下り馬頭刈尾根への路に入る。途中馬頭刈尾根の一部が見えた

画像
  大岳山荘の一部 こんな規模の建物が今は使われていない。昨年春までは営業していたのだが・・・・御主人は時々清掃に入っているようだが、再開する気はないらしい。このまま朽ち果てて行くのだろうか。

画像
  風の悪戯か雪のそれか それともなにか・・・ 大きな赤松の枝が無残に折れていた。

画像
  樹林の尾根筋、僅かに南が開けて丹沢と笹尾根の生藤山あたりが望まれる。

画像
  富士見台からは残念なことに富士山は見えない。春の霞に溶け込んでしまった。14:03 少し右膝に痛みを感じるが身体全体をみればなかなか快調。

画像
   振り返れば特徴ある大岳山が少しづつ遠ざかる

画像
  前方から短い人声が  下ると左手につづら岩がそそり立つ 数パーティが取り付いていた。女性の声も聞こえた。縞枯の会のTさんを思い出す、彼女もここに来たそうだ。

画像
  赤いロープが上に伸び 確保体勢の男性が・・・・・右手前でも人影が動き短い声が交差した。

画像
  行くての山が少し見えた。左鶴脚山、右が馬頭刈山か その先中央が高明山?

画像
  やっと馬頭刈山に着いた15:27 下界からサイレンの音が谷を渡り賑やかだ。火事のようだ、数台のサイレンが聞こえる。変な感じ!!!そのうちにヘリの爆音も聞こえ 木の間越しに警視庁のおおとりと思われる青い機体に赤の線のヘリが南下するのが見えた。

画像
  ここまで来ると なにか 先が見えたような・・・荷を降ろし 行動食を口にする。サラミとスモークチーズの詰め合わせパックがのぞく。泡の缶は見当たらない。今朝コンビニで迷った挙句、棚に戻したのだった。ジュースを一口でペットボトルは空になった。残りは大岳山の水場で汲んだ山の水500ccのみ。やっと静かになった山頂を後にした。

画像
   程なく高明神社跡 ここに神社を築くとは 古の人々の信仰心の強さが偲ばれる。政治的配慮もあるのかしらん でも 知らない事はだまります。

画像
  バス停 へ誘う標識の文字

画像
  小学校からと思われるふるさとのメロディのチャイムが鳴った、時計を見ると16:30 非舗装の車道を少し歩くと村落が広がった

画像
  梅が咲く

画像
  春の芽も膨らむ

画像
  遠くから目ざとく怪しげなかめを見つけた飼い犬がしきりに吠えまくる。梅園は静かに花の香りを風に託す。

画像
  養沢川の水面が西に傾いた陽光に一瞬きらめいた

画像
  十里木で檜原街道に出会う。石垣、自然石の野積みに唐突に草間弥生(難しい や の字が出ません)の作品群が浮かぶ。昨年 アメリカで1億円で取引されたとか どの作品だったのか・・・・17:05

ここで当初の予定通りバスには乗らずに武蔵五日市駅まで歩きとおす事を己に言い聞かす。

画像
  つい先ほどまであの辺を歩いていたはずなのだが・・・・
谷は静々と今日の終わりを迎える用意を始めていた。

乗り合いバスが1台 背後から風を押し付けて駅に向っていった 背筋を伸ばして無視する。

画像
  なにか気の利いた食べ物やさんは・・・・・左右に期待しながらバス通りを駅に近付く  気の利いた店  というよりも食堂の類がありません ラーメン屋さんシャッターが
かろうじて手打ち蕎麦ウドンの看板がみえたがかめのあしは停まらなかった。とうとう駅に着いた。乗車券を購入、駅構内にあるコンビニ風の店、ビールロング缶 せんべい購入 ホームに上がった 17:50 18:02拝島行きに乗り込みがらすきの車内に荷を降ろした。

画像
   歩数計:55028 行動時間:グロスで10時間弱

ビール、プシュ  ザックからはサラミとスモークチーズのパック 大岳山水場の水は結局そっくりお持ち帰り。

今日の行程 パソコン地図の計測で距離約29km 累積登り&下りともに1900mほど

さて 次は春の八ヶ岳 あの大先輩と・・・・・・ビールが美味しく咽喉を潤す






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
関東は、公共機関で山歩きをする人が
結構、多いのかなぁ〜??

大岳山・・・人気ですね〜^-^
やっぱ、富士山ドッカ〜〜ン!が見もの
やからかなぁ〜
懐かしい・・・^^

しかし、まめに歩かれていますね〜^^
こちら、長い事歩いてないので・・・
今週末の登山が心配でっす0--0
荷物背負って、頑張れるんやろぅか〜?

大先輩との八ツ・・・楽しみですね〜
後は、天気のどんでん返し〜祈るのみ!
みい
2009/03/16 16:41
みいさん いつも早くにありがとう
関東 お答えの材料がありませんが駐車場等の環境も今一かもしれません。電車・バスが圧倒的に多いような気がします。スルーのコースも多いのかな?
大岳山 人気ですが小屋を経営できるほどではない
難しいところなんでしょうね 

週末の登山 久しぶりとの事ですがスキーで山をあるいているから無問題かな
御二人のガッツならば・・・
あのガツとハツがあれば  あれっ
あれれ いつの間にか宴会ヶ岳に・・・

大先輩との八ッ 天気のみ 飲み干してやるか
かめ・ふふふ
2009/03/16 18:27
かめ・ふーさん今晩は!
いやはや恐れ入ります。
途中で遇った方々は、まさか通しで歩いている人が居るなんて思いもよらなかったでしょうね。
さらりとやってのけるところが、かめ・ほいほい さんの人間離れした強さの秘訣なのでしょうね。
「泡の缶は見当たらない。・・・迷った挙句、棚に戻した」? らしからぬ表現ですが、集中力を持続させるためには、やはり泡は禁物なのでしょうか。
甘納豆
2009/03/16 21:37
今晩は
かめ さん、今晩は。
麻生さんも気(木)がかりで人気が無くて、・・・
風の便りに梅の香・・・
ですか中々洒落た文章で参りました!!。

このあたりの山は私も皆さんと同じように、日の出山と御岳山・大岳山くらいです。馬頭刈尾根はマンズマンズ登った事がありません。
インレッド
2009/03/16 22:02
今晩は。
やっぱり、歩き方が違いますワ。
標高差1900mと言ったら黒戸尾根に迫るではありませんか!
私は先輩から、「黒戸尾根と越後三山の縦走だけはやめておけ」と言われ、今日までその教えを守ってきました。これからも守るつもりです。(甲斐駒も越後三山も大好きな山ですヨ。)
それをアッサリとやってのけるとは!

レベルは違いますが、同じ日に「関東ふれあいの道」を歩いていました。誰ともふれあえませんでした。
その朝、車窓から見た大岳山がなぜか鮮明に焼きついています。
ぶなじろう
2009/03/16 22:51
甘納豆さん いつもコメントありがとうございます
泡 禁物というより途中の泡、旨すぎて・・・・
克己心 足りないのでしょう
seif-denying person あやかりたいかやつりたいです

人間離れ?? とんでもないです
山歩いていて結構辛くて、好きな事やってなんでこんなに辛いんだろう って思うんですよ。
そこで我が単純馬鹿頭が捻出した辛さ克服法は もっと筋肉いじめてやれば次は少しは楽かしら?
はい 少し楽になりました。
でも気がついたら筋肉はついても 関節は・・・・
どこかで 手に入らないかな と思う今日この頃です。
かめ・ふほ
2009/03/17 08:21
インレッドさん いつもありがとうございます
細かなところまで目を通していただいて とても嬉しいです。少し言葉をさがしてしまいました。ふふふ
かめ 23・07・07 つまづきの一歩ではなく 一応産声をあげたようですが覚えていません
おそらくインレッドさんが中学を卒業される頃に小学校に入ったくらいでしょうか
小学生当時の写真 下駄や草履の子が笑っています
貧乏な寺に生まれてしまったかめ、小一の浅い春目前に父を亡くしました。厳格な母親は 貧しいながらも厳しく子育てをして服装などにも気を使ってくれました。写真で見る限りおぼっちゃん のように見えます。
インレッドさんの弁当の話し 身につまされました。
僅かな学費も滞納する家庭でしたが、教室に飾る花を毎日のように持たせてくれた事も 母の大きな思い出です。 
様々な思いも抱いて、末永く山を 大地を 遊びましょう

かめ・ふふふ
2009/03/17 08:48
ぶなじろうさん コメントありがとうございます
歩き方ですか 右足と左足交互に前へ・・・
違う??? ごめんなさい ついおちゃらけで
黒戸尾根 かめ 登ったこと無いのです。
甲斐駒自体は正月に4回登っているのですが全て違うコース 下山路含めて7コースを歩いています。
黒戸尾根は一度下りました。
日帰りピストン ブログの先輩が昨年! 他のブログの先輩は 何時かいつかと 企てているようですが かめは・・・
関東ふれあいの道! ふれあえませんでしたか
かめもなかなか・・・・
かめ・へへへ
2009/03/17 09:02
今年はこの分では毎週登山が続きそうですね。
今週はカメさんの後をカモがついて行きますがよろしくお願いします。少々ナーバスになってきました。
天気怪しいですが雨の心配はないでしょう。
カモシカ永井
2009/03/17 11:14
流石、俊足ふーさん、
29kmを10時間、速いですね〜

十里木の自然石の野積、なかなか綺麗なもんですね
2〜3個引っこ抜くと崩れるのかな〜・・・

いよいよ今週末、K&Kコンビ発進ですね
楽しんで来て下さいませ。
EVA父さん
2009/03/17 11:43
カモシカ永井さん ありがとうございます
ナーバスはいけませんや
ナースの方がお好きでしょう

かめのあとをカモが  ですか
かめとかもがすうべった なんて事にならないようにしましょうね 鉱泉への路はつるつる!だそうです

つるでかめがすうべった うしろのか〜もはど〜した
かめ・ふふふ
2009/03/17 11:51
EVA父さん ありがとうございます
K&Kコンビですか カードでキング(13)のペアなら結構強そうですがねえ。
こちらは怪しいコンビです  クラクラコンビ?

食糧計画だけはバッチリです
あ 飲料計画もまずまずです
登山届は県警にメール添付で放り投げただけ・・・
一応現地にもコピ〜を持って行きますが

十里木の石垣 かめは好きになりました
かめ・ふふ
2009/03/17 12:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
武蔵五日市駅から大岳山 かめふーのひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
[ ]