かめふーのひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 日和田山近辺下見

<<   作成日時 : 2013/03/22 16:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

平成25年3月20日春分の日、祭日
ハイキングの支度で池袋駅へ向かう。西武池袋線高麗駅まで510円の切符を購入して入場。12月恒例の餅つき山行で利用している電車が時刻表にない!なんと16日のダイヤ改正で消えてしまったらしい。同じ時刻に急行飯能行、仕方なくそれに乗る。飯能駅で乗り換え高麗駅で下車。
画像




後で調べてみると8:05快速急行三峰口・長瀞行が高麗駅には直通で行けるようだ。今年の12月はおそらくそれに乗るのか、飯能で乗り換えていくのか。班長さんに相談する必要あり。

画像
改札を抜け時刻表を確認する。いまだ仮の紙製の時刻表が張り付けてある。間に合わないのだなあ。ペットボトルの水を1本購入して鹿台橋へと向かった。8:37


画像
毎年恒例の日和田山だが、昨年暮れにOさんから日和田山周辺の一般路以外の変則(バリエーション)ルートが有ることを知らされた。ある冊子に掲載されていたのをコピーさせてもらった。A〜Gまでの7コース。ここはEコースの入り口、右に見送って先へ!今日はFコース:座禅岩コースを登りEの獅子岩コースを降る。時間が余るだろうからDとBを上り下りすれば多少遊べるでしょう。


画像
高麗川左岸の舗装道路を進むと左手にこんな標識が見えた。


画像
右を見ると車道が奥へ続く。ここを右へすすむのだな、記事を確認しながら歩く。


画像
8:59 記述通りに防火水槽。この集落が井尻だな。


画像
すぐ先に右へと小路が別れる。よしよし。ふむふむ、突き当りの電柱を左へね!おっと、小沢を越えるんだ!


画像
民家の裏手を小沢沿いに進む。途中から右岸に踏み跡は移り、さらに突き当り左へ。


画像
古い標識が右手の踏み跡を差す。かめは読めなかったが、至る駒高・日和田山・物見山 と書いてあるらしい???9:04


画像
春うららの小路
画像



画像
直ぐに樹林帯へと分け入る。知らない道を歩く緊張がここでほぐれる。山道に入ればなんとかなる自信があるが、里の道は判り難いものだ。


画像
25,000図の221m峰に9:18


画像
よい塩梅のアップダウンが


画像
9:33 左の立ち木に標識。座禅岩を示す。70mか


画像
すぐに小さな岩、これじゃないでしょ! 下を見ると踏み跡はうっすらになるが下へと続く。ここで引き返す人がいるんだろうか?半信半疑で下ってみる。ありました!9:36


画像
回り込むと、ふ〜む座禅を組むにはお誂えの石畳。


画像
石の上から見下ろす。駒高の安州寺の僧がここで座禅を組んだことから名がついたというらしい。メンバー全員で座禅を組んでもらい、上から写真を撮りましょか、かめにやける。よし、ここでサンドイッチを頂きましょう。


画像
分岐に戻り先へ進むと新しい三角点。2009年11月設置と案内書に記述があった。四等三角点なり。点名は座禅岩とか!地図を出そうとすると見つからない。ザックの中にもズボンのポケットにも・・・・・・座禅岩に置き忘れたか?仕方なくザックを置いて戻ってみるが岩の周りにも見つからない?おかしいねえ?すごすごザックに戻り、中を再度探すと・・・・・もう いや!きちんと折りたたんでしまってあったよ

ため息ひとつ、先へ進む。


画像
直ぐに駒高287m地点に出た。物見山三角点まで行こうと思っていたがやめた止めた。


画像
出た所は公衆便所と茶店のある場所から西へ車道を少し歩いて北向き地蔵へと山道が別れるその先の車道。高差山へと車道を歩きながら駒高を振り返る。


画像
アンテナが建ち、フェンスで囲まれた高差山直下で山路へ別れる。地表に置かれた標識10:21


画像
獅子岩コースの分岐10:23 切り株とベンチ。壊れたベンチらしき木、よし、間違いない。入ってみるとよく踏まれた路だ。


画像
古滝分岐と思われる小路が別れるが標識無。少し迷うが先に進む。獅子岩分岐に出てしまったら戻ってきましょう。おや、10:29 標識。見ると獅子岩と書いてある。やはり先ほどの小路は古滝への路だったか。戻りましょう、そうしましょう。


画像
10:31 歩かれてはいないようだが良い路。テープは幾つか巻かれている。寄り道します、下見だもの。


画像
降り始めると直ぐに二股。左へと登ってゆく方が踏まれているようだが、右下へと下がる怪しい路をかめは選ぶ。10:34 岩が見えた、涸れた古滝だな。


画像
古滝、まぼろしの滝と読める
はい、確認終了、戻りましょ。


画像
尾根の道まで戻り、獅子岩分岐から獅子岩へ。10:43 獅子岩、ちっちぇ!
分岐の標識には 寄り道して下さい 獅子岩 大展望です   と記されていたが・・・・・
まあ、今日はうすぼんやりのお天気。仕方ないです。


画像
ちゃっちゃと戻り、日向へと下る。途中倒木を潜らされる。


画像
墓参りか、紙袋を下げた若い男性と花束を携えた女性が登ってきた。あれ、墓地があったかしらん。続いて母親らしき女性が挨拶してすれ違う。すぐ先に民家。


画像
11:03 朝チェックしておいた登山口に出る。今朝駅より歩き始めてから2時間27分。さてお次は・・・・


画像
日向区自治会館が入口目印。11:08


画像
入ると直ぐに見晴らしの丘への標識。あれ、富士見岩コースへ行きたかったんだが・・・


画像
どうもBコースへと入ってしまったようだ。仕方ない、Dコースを降ることにしましょう。直進するとCコースで男岩に出るようだ。以前一度会で歩いていることをなんとなく思い出す。


画像
11:23 十字路を直進してから振り返る。右は男岩、左は滝不動への道


画像
直ぐ上が見晴らしの丘。見晴らしと言われてもねえ・・・・・


画像
少し登ると岩が出てくる。ヘルメットのグループが傾斜もない岩場でロープで遊んでいる。初心者の講習かな?数パーティが、登って!とか利き手はどっち!とか?
脇を抜けると新しい鳥居が見えた。昨年12月に工事中だった展望台の鳥居。11:36


画像
11:43 日和田山山頂
2グループが食事中、かめは素通り。


画像
Dへの分岐を探しながら・・・・・


画像
う〜ん 間違いないね  富士見岩  これも ちっちゃ!11:50
岩の天辺に登っておにぎりを食すことに、2個完食。食べ終わるころ、男性登山者1名が小路を下って行った。ああ、歩く人いるんだ。かめには気になる思い出がある。
数年前の餅つき山行で先頭が間違えて麓まで下ってしまったことが! もしかしたら  この道はいつか来た道?


画像
10分休憩して下山開始。12:14 あったよ、墓地が。前回はここで気づいたが、新しい路を歩いているんだと、そのまま追随してしまった。


画像
そして見覚えのある標識を振り返る。左が降りてきた路、右は男岩への荒れた道。


画像
すぐ下で民家の脇の登山口。前回ここまで降りてきて、奥の民家のご主人に伺うが要領を得ず、戻ったねえ。


画像
直ぐに舗装道路に出る。右へ別れるT字路を直進して振り返る。次に登る際の確認。


画像
そして先へ進むと11:10に通った分岐へ出た。振り返る、これがわからなかったんだよ。12:24になろうとしていた。


画像
すぐ下で日向区自治会館 二回りしました。今日のノルマ達成。


画像
高麗川左岸の車道を歩いて鹿台橋へ戻る。橋を渡って横断歩道を渡ると駅への道。


画像
12:37 高麗駅に到着
飯能駅行は12:51 ちょうどいいでしょう。


画像
駅のそばで何か昼飯とも思ったが握り飯の所為で腹が減らない。
飯能まで2駅、持参のワインを楽しむ。

飯能駅で13:15 急行池袋行に乗車、ワインの続き

JPシャネ、赤白3個持参していたが2個にしておきましょう。

池袋からJRに乗り継いで亀戸へ

それにしても池袋から亀戸は290円

西武線、池袋から高麗は510円 JR 高い!!!

亀戸でも寄り道せずにまっすぐ帰宅。

さて、ビールビール

4コースもの下見が出来ましたとさ めでたしめでたしうましのどごし











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
VISVIM サンダル
日和田山近辺下見 かめふーのひとりごと/ウェブリブログ ...続きを見る
VISVIM サンダル
2013/07/09 15:12

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日和田山近辺下見 かめふーのひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる