かめふーのひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 梅雨時の奥秩父

<<   作成日時 : 2013/06/17 16:18   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 6

画像
平成25年6月半ば、丹波山村の週末天気予報は15日小雨、16日曇り時々晴れ!
行くっきゃないでしょう


画像
15日4:00 枕元のアラームを黙らせる。
なぜかため息ひとつ、立ち上がった。トイレとシャワー、昨夜準備しておいたザックを階下に下ろす。
ダメオおはよう、久しぶりのお供です。
コンビニ経由で錦糸町ランプ5:31通過。なんのストレスもなく首都高通過、中央道へ!上野原で一般道に降りるつもりがナビ姫の御説につい・・・・勝沼ICまで走らされる。青梅街道から戻るように柳沢峠を越える。三ノ瀬への林道へ入り民宿しゃくなげ荘の駐車場に乗り入れた。7:50
1泊は1000也、『山で食べて』と老婦人からお煎餅2枚。


画像
8:08 出発


画像
直ぐに登山口


画像
8:20 ゲート  脇をすり抜ける


画像
轍の残る林道を歩く


画像
気配に振り返ると単独男性が追付いてきていてそのまま追い越して行った。息をきらせている、そんなに急いで何処へ行く???


画像
8:43 七つ石尾根分岐、彼はこちらへ入って行った。追い越すときは勢いが良かったがその後はここまでずっと後姿が・・・・かめは林道を


画像
天気予報は午後小雨。カラマツ林の上部は霧が纏いつく


画像
おやおや、林道にも霧が降りてきた。あら、かめが上がったのか?


画像
緑一色の風景に色が


画像
9:45 思いがけず早い時間に小屋への分岐
画像



画像
将監小屋までは下りで数分。小屋の手前には真新しい轍、転回した軌跡が残る。小屋へはネットが邪魔して入れない。裏手から回り込んでみるがネットにて封鎖。こんなはずじゃ!!ビールはどーなる?そんな問題じゃない!!
ネットを点検すると建物側が上部一か所と下部一か所のみ結束されている。下をほどき進入。元通り結束した。これって不法侵入???
画像は通り抜けてから撮影。


画像
目的地


画像
防火帯にひな壇式のテントサイト。2級だが土木施工管理技士、適切に選定した。本当? 9:52


画像
10:13 フライシートも設営。風対策OK!何度も言いますが建築は一級でっす。


画像
水は小屋の脇にゴンゴンと


画像
ちとさびしい気もするが


画像
10:37 必要分だけザックに入れテント入口を閉じる


画像
先ずは将監峠へ一登り


画像
10:45 峠
余談、遅ればせながら丁度司馬遼太郎の『峠』上中下の上を読んでいるところ。この峠とは全然違うが・・・・


画像
そのまま防火帯の脇を登り始める


画像
牛王院平(ごおういんだいら)分岐10:57
画像



画像
11:04 山の神土(かんど)
今日は唐松尾山を目指す。白石山は明日のお楽しみ


画像
動かぬ霧。雨具は用意しているものの出来れば降られたくはないなあ。


画像
11:32 西御殿岩分岐


画像
迷いようのない路が続く


画像
山腹を巻く路が尾根に出たと思うと標識に小さな山頂看板


画像
唐松尾山2109.2m  多摩川と荒川の分水嶺。どちらにせよ東京湾で再会する水。
画像



画像
かめの訪れを心待ちにしていたしゃくなげ(と勝手に決めつけて)、遅くなってごめんね


画像
山頂にはワインが似合う! かめふふふ
結局、誰もいない山頂の憩いは25分間


画像
帰路、トレランのお兄さん一人とすれ違う。笠取を越えるんだろうね。
簡易温度湿度計は気温15℃ 湿度72%を示す


画像
西御殿岩分岐12:39 一瞬迷うが背を向けた。山の神土 12:59
2分先に遭難碑
昭和49年5月1日大学のWVの18歳が・・・・・  黙禱
牛王院分岐 13:05    将監峠 13:14   気になる山竜喰岳に向かってみるが濡れた笹藪に嫌気がして12分程登っただけで諦める。あっさり!
13:37 テント帰着



画像
今日のお荷物を広げる


画像
汲みあげたばかりの清水と美味しいお酒


画像
天使の誘惑  1本丸ごと。封を切る。


画像
芋焼酎なのにシェリー酒の香り、そう、シェリー酒の空樽で熟成させたのさ
西酒造の逸品   旨し
生でよし、水割りでもお湯割りでも
かめは生が一番いちばん


画像
蒸し鶏のサラダ
15時頃 小雨がぱらついた


画像
午後4時過ぎ、なんだか本降りに
でもテントの中は天国  
だって天使の誘惑が


画像
メインディッシュは豚角煮 150g
ガスコンロで少し温めて
焼酎には豚角煮(かめ、毎回言う事が違うが! いいのだ)

この画像は18:38 その後画像もかめの記憶もなし。
軽々と天使に落とされたらしい。
一晩中雨だったらしい。

16日に続きます



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
フェラガモ アウトレット
梅雨時の奥秩父 かめふーのひとりごと/ウェブリブログ ...続きを見る
フェラガモ アウトレット
2013/07/03 05:31
レイバン サングラス
梅雨時の奥秩父 かめふーのひとりごと/ウェブリブログ ...続きを見る
レイバン サングラス
2013/07/05 16:50

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
おお〜♪ 行かれましたね!
懐かしいです... このテン場〜^^
極楽ですよね〜 
我らが行った時は小屋(?)の
可愛いわんちゃんがいて、遊びまくりました〜 

続きも懐かしく拝見・・・の山ですね^^v
みい
2013/06/17 16:53
みいさん 早速のコメントありがとうございます
かめ、近いのに・・・・・・初めて!
一ノ瀬川の大常木谷や竜喰谷
三条沢なんか遡行はしていたんですけどねえ
和名倉山も和名倉沢からとずっと思い続けていてとうとう尾根からになってしまいました。
でも将監小屋のテン場は気持ちよいところでした。
手軽に入れるのも良いですね。
ビールはなんとしても残念でした。土曜日だったんだけどねえ。防護ネットにも参りました。鹿さん対策でしょうか。峠でも見かけましたから・・・・
天気予報と実際の天気の・・・・・・
ふ〜〜〜っ
かめふふふ
2013/06/17 17:35
白石山(和名倉山)...行きたい場所なんです。
将監小屋でテント泊...今年はいけるかなぁ?

群馬は土曜日は晴れていたし...
天気予報と天気、判断が難しいですよね。
続きも楽しみにおまちしています。
chiaki
2013/06/17 19:20
一晩中、雨粒を眼前(上?)50cmに受け続けながら、熟睡される週末・・・実に風流です。

我々も同夜、幕を張っていましたが、そこは山中ではなくキレイかつ大きな屋根付きの東屋の下。床は0.5°の傾斜もないコンクリでありました。ええ、ヘタレですとも(笑)。
それにしても暑くてやってられないっす。もう遡行モードですわ。
臆崖道
2013/06/18 07:29
chiakiさん ありがとうございます
上州からは和名倉山、甲州からは白石山と聞きますね。以前から、気にはなっておりました。
みいさんご夫妻が登ってらっしゃるのに東京に棲むかめが未踏とは・・・・今回の原動力ではあります。
将監小屋の幕営、気持ち良いです。今回の雨は余分でしたが。将監峠には鹿も遊んでいました。
豊富な水も魅力です。ペグが差せるのもベースと考えると安心です。テン場までの道のりも安楽ですしね。
山の天気はわからぬものよ! と うそぶいて・・・
かめふふふ
2013/06/18 08:58
臆崖道さん ありがとうございます
確かに熟睡しましたが、あの誘惑のおかげです(冷)
雨は想定外でしたが、フライは当然用意していました。実は今回のテントはゴアテックスではありませんで、防水は劣りますし通気性にも不安が有ります。セブンフライ(部分的フライシート)を掛けて入り口は蚊帳?にして一晩過ごしました。
山で実際に使用するのは2回目、初回の時は閉鎖して寝たところ夜半に息苦しくて目覚め、入り口空けてバタバタ換気しましたよ。GWはゴアでしたが!
大きな屋根の東屋、良い環境です。
そういう条件の場所があれば・・・・・当然利用いたしますはい。
天使の誘惑、4合瓶、40度の芋焼酎ですが一晩で3/4消費、夕刻友人が訪れたらしいです。かめひとりではとてもとてもそんなに・・・・・・ふふふ
沢からは遠ざかっています
みいさんからも夏の山のお誘いがきました。
臆崖道さんとも遊びたいし、うれしい忙しさです。
グルメ道も覗いてみたいしね・・・ふふふ
かめふふふ
2013/06/18 09:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
梅雨時の奥秩父 かめふーのひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる