かめふーのひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 台湾小旅行2

<<   作成日時 : 2013/07/03 08:48   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 3

画像
太魯閣國家公園 砂卡礑歩道(Shakadang Trail)


台湾小旅行の続きです


画像
平成25年6月26日5:48 台北喜来登大飯店673号室
北側の窓より台湾内政部警政署を見下ろす。警察の中枢機関との事だが静かだ。

今日は朝食のみセットされているがその後は終日フリー。かめは東海岸へ行くことにしていた。オプショナルの花蓮日帰りツァー!申し込んではみたがおそらく他に同行者はないだろう。その時はどうするか?一人で台北からバスで近郊のハイキングにでも出かけるか?なんとかなるだろう。
出発の数日前に旅行会社から電話があった。残念ですが一人しか・・・・・・
諦めようとしたら『二人分頂ければ・・・・・』
4万円を支払うことで成立した。

ホテルでは6:30より1階のレストランでビュッヘスタイルの朝食が摂れる。同室のH氏と贅沢な朝食。

8:00 ツァーデスク待ち合わせ

黒いミニバンで現地添乗員と松山空港へ


画像
往路は復興航空を利用、ローカル航空のカウンターが並ぶ。


画像
チケットを添乗員から渡される。花蓮空港に付いたら胸に付けるようにシールも渡された。ここからしばらく一人旅、心地よい緊張。


画像
北京語と英語のアナウンスがあったが当然日本語のそれはない。
かめに出来ることはチケットの数字と案内の数字を見比べるだけ。ローカル空港は水の持ち込みは問題ないとの事で待合室の自販機からお茶のペットボトルを購入して椅子に掛ける。


画像
搭乗予定の8:45を少し過ぎてゲートが開かれた。パスポートとチケットを提示してパス。バスが待っている。5〜6分走り下車、あとは徒歩で機へ。


画像
Look The Maa!  今日も良い天気です。


画像
機材は大分古い(古そうな)双発のプロペラ機
乗員乗客合わせて90名弱というところか?


画像
滑走路までのアプローチも結構長い。9:20 やっと離陸、東へ航路を取り太平洋上に出てから花蓮(Fualien)に向けて南下する 。機内サービスは飲み物1個。ストローが短くて!!!


画像
滞空時間20分弱、花蓮航空站に無事到着。
画像



画像
胸にシールを張り付けてゲートを抜けると名前を呼ばれた。
花蓮での案内は卓(たく)さんという女性。8人乗りに運転手君と3人旅。


画像
卓さんは早速マイクを使いいろいろ説明してくれるがマンツーマンだと適当にあしらう訳にもいかずつい、真面目に受け答えする自分が可笑しい。まあ、今日はこのスタイルで・・・・・
10:18 太魯閣國家公園入口に附く
ここは東海岸から西海岸へと山を抜ける道路の入り口でもある。蒋介石が軍隊を導入して開鑿した。


画像
東西横貫公路入り口の門


画像
周囲は大理石の塊(山)


画像
卓さんは橋を歩いて戻り、砂卡礑歩道入口(Shakadang Trail Head)まで案内して、11:30に必ず戻るように!OKOK
画像



画像
橋の袂に鉄製階段があり数十段折り返しながら降りるとトレイルが始まる。10:28


画像
かめ、頭は無防備なので要注意!


画像
よく整備された路が奥へと続く。さて地図も何もないがどこまで行けるやら。30分間は進むことに決めた。
画像
 


画像
パンフでみた渓谷は濁流が流れていたが穏やかな清流がわずかに流れる。しばらく雨が降っていないのだろうか。この国の水事情が気にかかる。


画像
進入禁止の標識はここが原住民保留地故。


画像
BBQで賑わいそうな河原
ナショナルパークとの事で禁止なのだろうな


画像
かめには愉快な路が続く。少し急いだ。
画像



画像
処々に展望台を兼ねた休憩所


画像
突然に土産物屋さん


画像
そのすぐ先に標識 ここはトレイル入口から1.55qの五間屋だそうだ。10:46 ダムまで1.5q!時間が足りなそう。12:00前には引き返さないと約束の時間に間に合わない!


画像
10:48 前方に橋のようなものが見えた、せめてあそこまで。


画像
霧か?


画像
巨岩の転がる川床に


画像
立霧発電廠  大水管とは電力会社の導水管なのか?


画像
大水管手前の看板


画像
この奥にダムが有るのだろうか


画像
大水管の下を10:52 通過


画像
そこから数分  引き返すことにした 10:54


画像
ダムまで行くつもりか、振り返ると数人が歩いてくる


画像
緊張を解いて帰り道。磨けばよい石になるのだろうな


画像
往路では目に入らなかった


画像
復路というだけでなくゆとりの出来たかめには同じ谷も違って見える。
画像



画像



画像
渓谷の散歩道なのに、かなり汗をかいているかめ。


画像
平日にも関わらず数百人が入渓している模様だった。かめのように慌ただしい観光客はいないようだが・・・・・・
画像



画像
11:17 出発点の橋が見えた。
轍の階段を上り橋を渡る。渓谷右岸の駐車場には11:23頃到着。助手席から卓さんが降りようとするのが見えたので駐車場端のトイレを指さし直行。ちょびっと減量!
約束時間の5分前に戻ることが出来た。

3人が乗ったミニバンは近くの寺院を目指して走り始めた。

続きます


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
清兵衛さん ブログ気持ち玉 ナイスと面白い
ありがとうございました
雨季のはずが比較的良い天気に恵まれました。
旅は天候が大事ですね。
かめふふふ
2013/07/05 14:32
給料計算の野球殿堂写真さん ブログ気持ち玉
ナイスをありがとうございます
画像が給料計算の野球殿堂写真さんのように上手くないので恥ずかしいですが・・・・・
懲りずに続けます
かめふふふ
2013/07/05 14:35
山じいさん ブログ気持ち玉 なるほど
を、ありがとうございます
本当は7日程を充てて玉山が夢ですが、今回はトレッキングだけで我慢です。
個人的に中央山地へ入ってみたいです。
かめふふふ
2013/07/05 14:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
台湾小旅行2 かめふーのひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる