かめふーのひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 台湾小旅行3

<<   作成日時 : 2013/07/05 18:07   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

画像
台湾小旅行2日目


画像
砂卡礑歩道(Shakadang Trail)を一人で1時間ほど歩き、ガイドの卓さんと運転手さんの待つ駐車場に戻ったのが11:25
数分車で移動して滝の上に立つお寺への駐車場に着いた。ここでもざっと説明を受けた後は勝手に歩くことになる。卓さんは繰り返しお寺までですよ、上へは行かないで下さいと仰る。30分で戻ってください、の声を背に寺へ向かう。橋を渡りトンネルに入る。直ぐに仏像三体。東西横貫公路を開鑿した際に命を落とした人達を慰霊するのだろうか。


画像
トンネルの道と外の崖縁を歩く路がある、先ずは外を歩いた。


画像
3分で寺? 石の産地だけあり贅沢に使われている。
画像



画像
つい高いところに登りたくなり、上への階段に足を乗せてしまう。
暗いトンネルを抜けて急階段が続く。5分程息を切らせて登り立ち止まる。卓さんの待つ車が見えた。車外に人影、見られているかなあ? ペットボトルのお茶を飲み、写真数枚で引き返すことに


画像
あっというまに降りた。


画像
帰りはトンネル路


画像
出発点の橋まで戻り橋上からパシャ
寺の上に右へ登る階段路が見える。寺の上あたりまで行ったのかな?


画像
車まで戻ると卓さんは外に立って笑っていた。凄いですね、見てましたよ!あ、汗が凄い。着替えはないですか?かめは答えて自分で乾かします。伝わったかどうか???


画像
渓谷を離れて平地に戻る。次はミャオ族の踊りだそうだ。以前の旅行でも他の場所で拝見しているしあまり興味はないのだが・・・・・まあ、コースなんだろうから寄らないと拙いんでしょうね
ここです、卓さんに案内されて会場に入る7〜800人分程の椅子が並ぶが観客は誰も居ない。開演まで20分。
直前になりやっと20人程が着席。
民族舞踊、何度か見たバンブーダンス。
そして、前に着席した客を舞台に引き出している。かめは独り遠くで見ていたが上半身裸の男性が近づいてきて手を引く。来た来た来た、これで写真撮られて買わされるんだよね!覚悟?を決めて舞台に降りた。皆で輪になったりなにやらまわりながら踊る(体を動かす)カメラが・・・・更にぐるぐる回る
数分後には直径10cmほどの円型の石板にかめが女性と男性に挟まれた写真が貼られて・・・・・・
400圓だと男性が・・・500圓札を取り出して渡した。おつりはいいですよ。意味が通じたのか男性は目を丸くしてミイにとしぐさを交えて・・・・・ええ、どうぞ。ささやかな友好関係?


画像
1:30 ローカルレストラン  入り口に向かいながら卓さんにビールが飲みたいと声を掛ける。ビール1本? かめはすかさず両(りゃん)  えっ 両! と指を2本立てる卓さんに 両とかめは大きく頷いた。がらんとした食堂、円卓が十数台並ぶが隅に7〜8人の男女が居るだけ。反対側の隅にそのツァーのガイドが1人。卓さんは店の女性に笑いながらビールを2本注文した。店の女性も笑っていた。ビール2本は可笑しいのだろうか?


画像
田舎料理とのこと、左から肉、海の物、イカ、空芯菜  奥のスープはなんとみそ汁だった。ビールが旨い、すいすいと喉を通り体にしみ込む。


画像
食事中に卓さんが近寄り切符ですと手渡してくれた。今日の復路は汽車の旅です。
花蓮から台北行、15:30発 4号車 39番席 NT$440元  NT$はニュー台湾ドル 実はNT$も元も圓もみんなおんなじなんです。440圓は1500円弱、台湾の交通機関も安価である。
Puyuma Exp 普悠瑪 プユマ 原住民の種族名   古く日本統治の頃は高砂族と呼んだ。高地人とか山地人とか呼ぶらしいが本人たちは原住民と自らを名乗るようだ。精悍な彼らの名をつけたプユマ・エキスプレス


画像
白いご飯には箸もつけられなかった。副菜も多すぎて大分残した。みそ汁は美味しかった。塩分不足かね?
立ち上がろうとするとあわてた様子で店の女性がオレンジを・・・・・2切れしか手が出なかった。美味しいのに!


画像
食べ終わると待ちかねたように隣の石材店の案内人が・・・・・店の内部で繋がっているんだなあ
一通り説明を聞き終わると店のお姉さん(小姐とは言えません!)3人が取り囲む。石なんて興味ないかめですから体はスルーしようとしているのに思わぬ言葉が口をついた。数珠はありますか? 途端に満面の笑顔で1人がかめを誘う。茶と緑の2種類が・・・・・6400圓! 台北のデパートなら7000するよと・・・・気が付くと卓さんもよこから7000するよ! またもやかめの口から驚く言葉が・・・・5000なら! 目の前で包装してくれた(前回は見えない所で包装し、ホテルで開けてみたらおもちゃにすり替わっていたことを思い出す)。
カードで支払い、店を出た。小さな友好とつぶやいて!
画像



画像
滞りなく今日の花蓮での行事は終わったようだ。車は駅に到着。なんと卓さんが紹介してくれたのは列車の席まで案内してくれる係り?
画像



画像
改札口手前で卓さんとお別れ、今日は一日ありがとう。


画像
チケットと見比べ ふむふむ
案内の男性は駅員に手を上げただけで中に入った。かめは切符を・・・・


画像
月台とはプラットホームのこと


画像
列車が進入してきた。乗客が降りる、降り切ると清掃が始まった、折り返し運転なんだね。


画像
実はこの車両は日本製!今年の4月から運行されているそうだ。今までは3時間以上かかっていたのが2時間ちょいで台北まで。う〜n 日本凄い!
Puyuma Exp Good Job!


画像
清掃が終了し乗客が乗り込む。件の男性はシートまで案内して微笑みながら去って行った。


画像
座席の番号割が面白い。偶数と奇数が通路を隔てて別れる。かめの39番は通路側。窓側は37番。通路を挟み38番と40番となる。
4人連れはこの時点で向い合せ席にテーブルまでセットされている。4号車にも数か所テーブルが・・・・その一か所では親子連れがトランプを楽しんでいた。いいねえ 台鉄!


画像
足元にはかなり余裕がある。
のんびり旅を・・・・・・窓側の席の客が・・・・女性! 座るとともに弁当を食べ始めた。結構強い匂い!ありゃありゃ。仕方なく日本から持ってきた文庫本を開いた。
少し揺れたが定時に台北に着いた。臺灣鐡路局 やりますなあ


画像
B1階の改札を抜け1階へ。朝、現地添乗員が帰りは台北駅まで迎えに出ると言ってくれたのをかめは断わっていた。一人の為に面倒だし、こちらも彼を捜すの億劫。ホテルは近いのでぶらぶら歩けばよいのだから。
2階がフードコートだと事前に調べておいた。上がってみる。椅子とテーブルを囲むように数軒の店が並び、そういうユニットが次々と続く。結構賑わっている。食の種類も豊富なようだ。ビールが無いと聞いていたので一人前にかめは1階のセプンイレブンで缶ビール2本を購入、デイパックに忍ばせていた。食事を楽しむ人達を見るがどうもボリュームが・・・・・・1時半過ぎの昼食で食べ過ぎ気味のかめ 食欲なし。広いフードコートを2周ほど歩き1階へ、うっかり外に出たら北口だった。



画像
夕方の5時59分なのに33℃とは! でもそんなに暑くは感じない。


画像
構内を抜けて南口へ
なにやら屋上で工事中で、足場のようなものは工事用のロングスパンエレベーターだった。


画像
忠孝東路にでると東側に夕日を浴びた喜来登大飯店が見える。


画像
結局セブンイレブンで日本のざる蕎麦と野菜サラダを購入して部屋に戻った。
ビールとサラダ! 日本語放送のテレビ  これじゃあ 旅じゃないね
でも なんだかくたびれたかめであった。
バスタブに湯を張り身体を延ばす、ふいぃーっ


画像
よく寝た。流石に同室の者が帰って着た時は目が覚めたが・・・・
今日も良い天気
1階の二百数十席のレストランで二人仲良く朝食。今日は二人とも予定なし。ホテルのチェックアウトは11時までに済ませる事。13時にツァーデスク集合が決まっている予定。荷物は置いたままでお出かけ。


画像
休日気分でのんびりと歩く
画像



画像
台北駅


画像
巨大な吹き抜け
鉄道の施設は地下階にある
2階はすべてフードコート
1階はいろいろなお店に変りつつあるらしい


画像
機関車の部品等で作ったんだそうだ


画像
中山地下街を北へ歩いてみた。時間が早いので開いている店は無い
地下鉄1駅分を歩いて中山駅へ、新光三越でも覗きますか。時間調整の為にスターバックスにて一休み。
時間が来て、デパ地下に
あまり広くはないなあ。ぶらりとまわり一旦戻ることに


画像
とぼとぼ歩いてホテルに戻り、チェックアウト。ツァーデスク近くに仮の荷物置き場。荷を預けて再度台北駅2階のフードコート。
なんとなく韓国風の店へ
同室のHは歯の具合が悪く固いものは食べられないとかでチジミを注文
かめはカルビです
一応店の名前にはバンチャンの文字、それらしく多少は並んだ
ビールとチャミスル


画像
二人ともご飯を食べるほど腹が減っていない。
これだけで十分なランチタイム


画像
ホテルに戻り空港へ
途中土産物屋さん立寄りはツァーの決まり事。ドライマンゴーとパイナップルケーキを二日後の山の会の七夕会用に購入それぞれ30片はないとね!
画像



画像
高速道路で空港へ


画像
今日も良い天気


画像
建築屋なので工事中の現場はきになる。
結構しっかりした足場だった。ちゃんと下桟も付けてある。シートに穴をあけてあるのは暑さ対策なのかなあ?


画像
手続きを終えて残っていた小銭で缶ビール購入


画像
成田空港9時過ぎ、なんとかスカイアクセスに乗り押上
とことこ歩いて我が家へ

たった三日の旅でした











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
給料計算の色々撮ってみたモノさん
ブログ気持ち玉 ナイスをありがとうございます
もう少しゆっくりしたいものですが
サラリーマンには難しいです
かめ・ふふふ
2013/07/08 16:57
山じいさん ブログ気持ち玉 ナイス
ありがとうございました
かめ、しばらく山に入っていません
今週末は予定はあるのですが・・・・
お天気次第です
それにしても山じいさんはお元気です!
かめふー
2013/07/08 17:00
太魯閣國家公園・・ちょっと下の廊下を思い出させる景観ですね。

3日間とは言う物の充実した3日間でしたね。
随所に見られる、かめ・ふ〜さんらしい友好が笑えました♪ 買った物がすり替えられてたってことがあったんですね
まめちゃん
2013/07/12 11:09
まめちゃんさん ありがとうございます
この企画を聞いた時には一人で路線バスに乗り台北近郊のハイキングを考えてました。でも6月の台湾は雨の時期らしいので自然に近いところへとこのツァーに申し込み、でも希望者おらず・・・・・
催行人数二人以上なので二人分えいやっ
行って良かったです
以前、山の方に観光に行って   やられました。
やばい!と思ったんですが皆が移動中で・・・・
まあ、大した額ではないのですが、面白くないですね。
小さい友好 ふふふ
今度は玉山に登りたいものです
最低6日間必要ですが・・・・・
かめふふふ
2013/07/12 18:09
お久しぶりです。
2013年は台湾で迎えました(年越ツアーに一人参加^_^;)

私も数珠を買って帰りました(^_^;)
ラガーマンマン
2013/07/13 22:45
ラガーマンマンさん ありがとうございます
かめが燕山荘の脇で吹雪かれている時、台湾でしたか
えっ 数珠ですか?
同じ趣味が・・・・・えっ
違いますよね
台湾はどのあたりで新しい年を迎えたのでしょう
玉山だったりしてね ふふふ
かめふふふ
2013/07/16 17:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
台湾小旅行3 かめふーのひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる