かめふーのひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 近況と速報

<<   作成日時 : 2013/07/16 14:42   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 12

画像
近況と速報です



画像
H25・7・6(土) 勤務先の仕事発注先協力会の総会と懇親会が鬼怒川で行われた。


画像
社員、業者の皆さん、合わせて170人程
画像



画像
翌日の7日はかめが生まれた日。所属の山の会の月例山行日でもあったのだが、仕事は抜けられない。
画像



画像
他に天婦羅等も供され満腹に、ご飯には手が・・・・・
画像



画像
翌日はゴルフ組40数人と別れて那珂湊魚市場へ


画像
昼食が用意されていた。冷えたビールが旨い


画像
バスの出発時間まで独り散歩、那珂湊駅まで!
無事に帰宅。
会の連中は無事だったろうか、この日も暑い日だった。奥多摩の本仁田山がこの日の目標!でしたが・・・・・
知らせの無いのが無事の証拠!


画像
13〜15日の3連休は大阪の『山と雪と宴会ヶ岳』との久しぶりの幕営山行。
当初は北ア、ブナ立尾根から烏帽子、テン場で宴会ヶ岳。野口五郎を越えて真砂から竹村新道を降り、晴嵐荘宿泊、15日七倉へ下山の計画。北アの天気予報が悪く、メールで何度もやり取りしながら南アに転進。アサヨ峰から早川尾根小屋にて幕営宴会ヶ岳。その後天候を見定めて近くのもう一山!



画像
まぁ君参加で一昨年の荒沢〜兎〜中ノ岳〜越後駒のカルテット再結成となる


画像
仙流荘に13日の5:30集合と決まった。12日、仕事を終えてからの山支度。コンビニにもより夜10時前に錦糸町ランプ進入。諏訪ICから一般道、鹿の跳ねる杖突峠1230mを越えて高遠へ、日付が替わった1:20 広い駐車場に到着、ビールと缶酎ハイにて車内でナイトキャップ。
明るくなり、無事に合流して臨時バスにて北沢峠へ
今日は栗沢山へ直接上るコースを取る。生憎の天気
画像



画像
幸い栗沢山頂上からは甲斐駒を望めた
画像



画像
アサヨ峰への稜線で雨に・・・・
かめは久しぶりの歩き、絶不調。
アサヨにて写真を撮りあう3人に断わり、先行して早川尾根小屋へへろへろと向かう


画像
直ぐに追付かれ、追い越され、後を追うへろへろ


画像
元気な3人組


画像
対岸の北岳も残念顔


画像
そしてやっと早川尾根小屋到着、やれやれ!


画像
35分後乾杯、本日のお飲物のラインナップ!凄し!


画像
メインディッシュは!最初は肉だけを味わって


画像
次いで豊富な野菜と共に


画像
そして幾鍋かお替りを
かめは生卵を2個頂戴した、ごっつぁんです!


画像
午後3時小雨 4時雨は本格的に降り始めテントの中に、この後この空地もテントが並んだ。
華麗なる?ラインナップは1/4パックのワイン以外、すべて完飲。翌朝、明るい農村の底に一口残っていただけ!
かめは当然ホワイトアウトです
夜はかなりの雨、それだけ覚えて・・・・・一晩損したような


画像
翌日、相変わらずの天気だが


画像
広河原峠


画像
西広河原沢に沿う道を激しく降る。かめ、付いて行くのがやっとこさ


画像
2時間10分ほどで広河原、缶ビールで一応乾杯
9時のバスで北沢峠に戻り


画像
人数(定員28名)が揃ったところで臨時のバスが運行される。10:25 仙流荘
高遠に戻り早い昼食は『入野家』にて高遠蕎麦、作戦会議にて恵那山に目標が!その後近くの『さくらの湯』を楽しんでから移動と買い出しは飯田にて。


画像
通行止めの林道は登山口手前2kmまでは入る事が出来て、駐車場もある。雨が降り出す。



画像
P手前には路肩などに多数の車、しかし最奥のメイン駐車場には未だ数台しか止まっていない。おそらく早い時間に入った人はもう下山してしまったのだろう。後から来た人達はまだ山の中?


画像
幸いに雨は上がった。大阪からの中型バスも下山者を待っていた。皆さん雨具を付けて下山してきた。一時賑わい、静かになる
今夜は豚さんから・・・・


画像
そしてジンギスカン


画像
缶ビールロング5本、赤ワイン3本、お酒4合、無くなると6〜7合残っている焼酎吉兆宝山
最後はウイスキーまで飛び出したようだがかめは覚えていない
朝方激しい雨、しかし上がった。幸いか残念か?


画像
林道を歩き、登山口から川を渡る


画像
このコースには3/10等の標識で現在位置が示される。


画像
懸念された天気は


画像
軽い荷なのに辛い男3人、みいさんの独り勝ち!


画像
静かな山路


画像
恵那山の一等三角点


画像
深田100名山なのに素朴な標識。


画像
かめが昨日から持ち歩いていたワインを各自に1パック(187t)! その前にビールロング缶1本を分けて乾杯、次いでワインと


画像
山頂には展望台、しかし流れる霧で視界はない


画像
280m離れている避難小屋へ歩いてみた、小屋脇の岩が展望台


画像
小屋は大変綺麗だった、水場もそう遠くない所にあるらしい(案内板には300mと書かれている)


画像
下山時、朝はつぼみだったニッコウキスゲが僕達を見て笑っていた


画像
今日も激しく降り、河を渡る所で泥だらけの靴を洗う一行


画像
無事に駐車場に戻り昨日横目に通り過ぎた月川(げっせん)温泉へ

腹も減っていたが着替えの後、解散となった

東京までは長い旅、かめの判断ミスもあり、帰宅は午後8時半

でも、皆さんのおかげで楽しい3連休になりました

ありがとうございました

さて 次はいよいよ夏の・・・・・・・















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
夏の?
さわやか沢デーですな
臆崖道
2013/07/16 15:52
臆崖道さん 早速の訪問、ありがとうございます
雨上りの広河原からのコースはやや難儀な道程です。泥濘状態が所々にありまして、靴もパンツもどろんこでした。
丁度下山口が河原なものできっちり落とし前を付ける事が出来ました。でもかめはトレランシューだったので中までぐしゅぐしゅ?
林道2kmをじゅぽじゅぽと歩きました。
あんまりさわやか沢デーとは・・・・・
それより前々日、前日の祟りで全身が悲鳴を上げていたもので・・・・・
沢、大分遠ざかって・・・・う〜n
かめふふふ
2013/07/16 17:24
楽しい3日間、有難うございました〜^^v
天気に翻弄されたけど、
楽しい仲間が揃うと、どんな状況〜
急な変更〜♪でも、楽しめますねー 

みいは、軽身だと元気なだけ!です 
泊り装備でも、体重×4割くらいなら
まだ・・・
それ越えると 
ふーちゃんの荷は、重かった=ISB混成材料
ヘロヘロ〜♪と言いつつ、凄い!です 

また、どこかご一緒できたらいいですね^^v
次は、秋なかー 
みい
2013/07/16 18:56
三連休はどちらかな?と思っていました。
天気予報が...北アはだめだったから南アに入る人が多かったのだろうなぁ。と思っていました。
しかし皆さん凄いですね。
飲んで食べて歩いて...

そろそろ北アに入りたいですね。
chiaki
2013/07/16 19:49
お疲れさまでした
なんだか年の順に荷物が重くなっていた様で
フライパン始め、重荷を担いで頂き申し訳なかったです

帰りの渋滞、私も似たような時間での帰宅でした
高速降りずに、ゆっくりでも動いてた方が楽だったかなぁ
fwix
2013/07/16 23:16
みいさん ありがとうございます
こちらこそ、3日間楽しく過ごさせていただきました。ありがたい事です。
天気、あれで済めばまずまずでしょう。
宴会ヶ岳も野外がメインでできましたしね。夜間登攀は内壁でしたが・・・・・
体重の4割・・・・40sかぁ やりますねえ

秋にもう一度、良いですねえ
蓬峠なんて話もありましたねえ
ブナにも・・・
餓鬼にも・・・
清水岳にも・・・
栂海にも・・・
ちょっと鍛えておく必要を感じましたが
かめふふふ
2013/07/17 13:00
chiakiさん ありがとうございます
北アは遠慮して南へ、言葉を交わした方の中にもそういう人がいらっしゃいました。
3日目は現地で様子を見てという事で一旦下山の計画。蕎麦を味わいながらの作戦計画でfwixさんが深田100名山の残りが一桁!その中に恵那山が・・・
即決で移動しました。
いつもながらみいさん達のフットワークは軽いです。
数年前、3人で冬の早月尾根を目指した時も伝蔵小屋から悪天で撤収した後に南アに移動して聖を往復したくらいですから!
飲むのも、食べるのも、歩くのも、ぶろぐも
みんな山と一体です
かめは、なんとかついていくだけ・・・・
も少し、修行します
夏の休みは7日間北アの計画が・・・ふふふ
18日が会山行、残念です。
9日間にできたのにねえ
かめふふふ
2013/07/17 13:12
fwixさん ありがとうございます
そして楽しい3日間でした
宴会ヶ岳、食べるものも凄かったですが、飲み物の量にはいつも呆れています。いったい誰がのみい干すんでしょうかねえ???
みいさん曰く1SB、かめにとっては屋台骨、おや!背骨? 意地?現状維持?
いつも背中に焼酎を、そんな男にかめはなりたい???
かめも下道で失敗、次は多分上で・・・・・
かめふふふ
2013/07/17 13:21
山じいさん ブログ気持ち玉 ナイス
ありがとうございました
天気予報には大分惑わされましたが、日和見!いえ天気読みの素晴らしいみいさんに導かれまして3日間無事に楽しめました。
ありがたい事です
かめふふふ
2013/07/17 13:23
OZさん ブログ気持ち玉 ナイス
ありがとうございました

ふらんすへ行きたしと思えども
ふらんすはあまりに遠し
せめて新しき山靴を履きて
気ままなる旅に出でん  でっす
かめふー
2013/07/17 13:38
連日お疲れ様です。

1升瓶担いでテン泊装備・・ワインまで
そりゃ元気な方でもヘロヘロですわ

土日と近くに居たのに曇ってかめ・ふ〜さんのお顔見ることが出来なくて残念でした。

私はポカリの様に粉末焼酎が出るのを期待するばかりですぅ〜
まめちゃん
2013/07/17 17:40
まめちゃんさん ありがとうございます
まめちゃんさん達も残雪踏んであのコース歩いてましたね、気付かないでごめんちゃい ぺこり
黒戸尾根も達成、おめでとうございます。
粉末焼酎も清酒も多分ワインも問題なく粉末に出来る技術は20年も前に完成しているようですよ。
ただ現行の酒税法が問題だとか!
酒税法では酒を造った時点で申請して酒税を掛けてもらい、売り出すんだけど、粉末酒はゲル状にアルコールが含まれているので酒税法上の酒とは言えず酒税が掛けられない。かといって粉末酒を水でお酒にした時点で税金申請する人(出来る人)居ません!
だから今の酒税法では
造れない、売れない、飲めない! ちゃんちゃん
間違っていたらごめんなさい。
責任は一升壜が取ります???
かめふふふ
2013/07/17 18:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
近況と速報 かめふーのひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる