かめふーのひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 夏の北ア速報

<<   作成日時 : 2013/08/17 12:00   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 14

平成25年夏、10日より休暇となる。
18日まで9日間休めるのだが18日は所属する縞枯の会の月例山行の日!
参加したいので15日までの6日を北アの日とし、16日は予備日として計画した。


画像
8月9日、仕事を終えて帰宅後最後の支度。夜10時過ぎに愛車ダメオで旅立ち。



画像
10日の3時過ぎに七倉の駐車場に到着、ビールを飲んで仮眠。
ゆっくり仕度をして高瀬ダムへ
右岸の道を歩き湯俣へ



画像
晴嵐荘前にツェルト設営後、湯俣の墳湯丘に向かう
北鎌への水俣川と廃道となった伊藤新道のあった湯俣川の合流点。
吊橋を渡り湯俣川に入る


画像
石ゴロゴロの河原を少し歩くと対岸に墳湯丘が見える。
冷たい水を渡渉して対岸へ。数か所で湯が湧いている。


画像
河原に手掘りの湯だまり、裸になって浸かる。浅いので仰向きに寝そべると丁度GOOD!次の人が来るまで1時間を開放的に過ごした。最高!!!


画像
11日、竹村新道を登る。背後に北鎌尾根、暫く頑張ると独標の背後に槍が顔を出す。


画像
調子の出ないまま南真砂岳にやっとたどり着く。大それた目標は鷲羽を越えて三俣のテン場までだったが途中の水晶小屋までがかめの限界と知る。


画像
午後3時40分小屋に到着。意外と空いていた、幸運!


画像



画像
3日目も天候は安定している。


画像
予定変更で鷲羽岳は以前登っているので諦めて、ワリモ岳に立ち寄って雲ノ平へ向かうことにした。風が強い。


画像
ワリモから水晶岳。右端が赤岳で裏側に水晶小屋がしがみついている。


画像
岩苔乗越へ下り、祖父岳を越えて雲ノ平へ
ビールを頂く!


画像
高天原峠経由で高天原へ、山荘でまたもやビール。うどんと共に!



画像
人心地ついてから荷を纏め、小屋指定の場所に残して温泉へ。徒歩10数分、こちらは脱衣所もあり、コンクリートで固められた浴槽がある。少し温いが満足!女性用は窮屈そうだった。勇敢な方には混浴露天もあり!



画像
未だ時間が早いのでのんびりと周辺を散策することに。竜晶池と夢の平、汗の出ないよう、ぶらりと歩いた。こじんまりだが静寂の地



画像
13日、4日目。早朝見上げる暗い空に星が流れた、あちらにも!そうだ、ペルセウス座流星群極大の日だった。30分程、時折目を休めながら見上げる。10数個を数えることが出来た。
温泉沢を登り温泉沢ノ頭へ、苦しい急登だった。主稜線にやっとたどり着く。越えなければいけない赤牛岳が遠い。



画像
数人に追い抜かれながらなんとか赤牛岳山頂、ここから奥黒部ヒュッテまで降る。


画像
マップのコースタイムで下り5時間!


画像
それでも午後3時、ヒュッテに辿りつく。ビールで乾杯!


画像
14日、黒部川左岸を下る。1時間弱で黒部湖のバックウォーター。2人連れが登ってくる。平の小屋泊まりで一番の渡し(6:00)に乗ったそうだ。他には誰もいない、独り歩く。


画像
平ノ渡しを見送り、避難小屋を通り過ぎ、針ノ木谷へ。この古道を歩くのも今回の楽しみであった。避難小屋で単独男性が先行。南沢出合から実質的古道は始まる。3名の男女が鎌で草刈り、道しるべのメンバーと船窪小屋の女性だった。挨拶して過ぎる。


画像
いきなり4回渡渉、5名ほど下ってきた。高捲き路をえんえんと歩き、5〜6回の渡渉。水中の岩も利用して、なんとか水没せずにクリア。


画像
11:30 尾根への取りつき点。古道はこの先、針ノ木峠まで続くが・・・・・


画像
毎度の急登をなんとか凌ぎ、懐かしい船窪小屋へ!お疲れ!!ビール!!!


画像
今回はお父さんもお母さんもいらした。そして、なんと言ってもこの小屋は食事も最高。野営装備で食料燃料も豊富な今回山行だが、ここに泊り、2食を頂かねば・・・・・・・・


画像



画像
穏やかに日が暮れる



画像
15日、山を降りる日、ゆっくりと朝食を愉しみ小屋を後にする。鐘の音に見送られて。


画像



画像
初日の高瀬ダムが見える


画像
昨日、かめに先行した単独男性が追い越して行った。入山者は10数人。3時間弱で下山


画像
大町温泉郷の薬師の湯に移動して入浴とうどん!

コンビニにも立ち寄り、飲み物購入、何人かに下山の連絡を取り、さて長いドライブ!
11:37 安曇野(旧豊科)IC  中央道を避けて反対の上田方面へとダメヲを操り、上信越道から関越道へと走る。休憩なし、なんのストレスもなく14:04 錦糸町ランプを降りた。安曇野ICからわずかに2時間27分、おそらく最短の走行時間。そこからは5分程度で無事帰宅。

荷物を放り上げてワインで乾杯、明日は装備の整理と静養。

17日は少し心配なこともあるので出社して現場の状況確認。

18日の会山行にも備えなければ・・・・・


夏の速報でした。


本編まで少し時間を下さい、ぺこり。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
今朝、北アから帰ってきました。ニアミスしてますねぇ(笑)
扇沢→黒部ダム→奥黒部ヒュッテ(泊)→赤牛岳→水晶岳→黒部源流→三俣(泊)→鷲羽岳→ワリモ岳→野口五郎岳→烏帽子岳(泊)→七倉、をテント3泊。13日に奥黒部のテント泊してました。さすがにバテバテバテでした。奥黒部→赤牛→水晶→三俣のテント装備はもうゴメンね、です(笑)

川崎H邸主人
2013/08/17 12:19
mikomaiさん ブログ気持ち玉  ナイスを3個もありがとうございました。
あまりの早い反応に驚いております。
天候にも恵まれまして、なんとか略予定を歩けました。
もう少し楽しめそうです、ふふふ
かめふふふ
2013/08/17 13:55
川崎H邸ご主人さん 早速のコメントありがとうございます
ええっ?13日に奥黒部ヒュッテのテンバでしたか???
あの日は10数張?20までは無かったような気がします。どのあたりにいらしたのでしょう?
かめはテン場の西の外れ、ツェルトを張っていました。
H邸ご主人さんはどの辺りでしたか。東の外れは大き目のテントとツェルトの組み合わせの学生?パーティ。テン場の真ん中辺りでしょうか? ほんの数十m、いやもっと近かったかも、ふふふ  残念!
速報には書いていませんが大阪のブログ先輩のご夫婦が、富山のキン肉マンと突如の乱入で嬉し美味しのステーキ宴会ヶ岳、小テント都合3張で浮かれていました。
その3人は翌日は読売新道でした。でも出発が遅かったからねえ、4:52 多分会ってはいないと思いますが。
お疲れ様でした、後でお邪魔させていただきます。
かめふふふ
2013/08/17 14:07
読売新道を下りたいので、レポを楽しみにしています。
針の木古道はソロでは全く自信がないので、誰か見つかれば行けるかなぁ?
私は新穂高から三俣でテント、黒部源流を超えて祖父岳を超えて、雲の平、祖母岳〜高天原温泉泊、岩苔乗越から鷲羽岳〜三俣蓮華〜双六でテント、今日は元来た道を新穂高に下山。
4時間弱の運転で帰宅しました。
明日も休みだから西鎌を超えようか?と迷いましたが当初の計画通りで帰って来ました。
私が行きたい道なので、レポを楽しみにお待ちしています。
chiaki
2013/08/17 17:21
テン場、真ん中の黄色いモンベルテントでした。
早く着いたので東沢谷で素足を冷やして、ふぅ、とビール飲んでいたり、食事は小屋前テーブルで、とノンビリしてました、、、。

撮ったテン場写真を見返すとテン場端っこ緑色のテントの奥のほうでしょうか?ブロック画象ですが確かに宴会の風景が(笑)。
川崎H邸主人
2013/08/17 18:46
奥黒部では、予定通り
サプライズ作戦成功して 

お互い天候に恵まれ、良い山行となり
 でしたねー^^v

今度はゆっくり〜♪ 同じコースを歩きながら
宴会ヶ岳  と行きましょう 

ps>読売新道は、下るより登る方が
好きだす(笑)
また、登りたいけど、下るのはやだなー
みい
2013/08/19 13:51
chiakiさん ありがとうございます
読売新道、一度は歩くべきですが、登るべきか降るべきか?それが問題です ふふふ
擦れ違った方の意見もいろいろ!登る方が良いという方が結構いらっしゃいます。
高天原に宿泊しましたか、二日目に温泉とありましたのでここだなと思っていました。
初日の三俣、頑張りましたね
二日目も祖母岳にもお立ち寄り、流石です。
昨日18日は会山行、レポ溜まっています
少し時間を下さぁい 
かめ・ふふふ
2013/08/19 14:20
川崎H邸ご主人さん 再訪ありがとうございます
黄色いモンベルテント! ああ、私の画像にも1張写っていました。北向きに出入り口を配し人気が無いようなので小屋前でお食事中かな?
それにしても読売登って三俣までいらっしゃる健脚ぶりにはあんぐりです。さらに翌日は烏帽子! ふふふ
私たちはテン場の西の外れでした
その近くにも黄色いモンベルテント、こちらはご夫婦か?男女二人連れでしたが・・・・3時頃出発したようでした

かめふふふ
2013/08/19 14:32
みいさん ありがとうございます
本当に素敵なサプライズでした、単純なかめはみいさんの入山予定日をすっかり信じ切っておりましたゆえ・・・・
ステーキとワイン & 清酒立山
入山4日目の夜としては考えられない豪華版宴会ヶ岳でした。天候にも恵まれ最高の夏の山、言う事なしですね。
読売新道、降るより登る方が良い、流石にみいさんらしい!
次の宴会ヶ岳、楽しみだなあ
はやくこいこい宴会ヶ岳♪
かめ・ふふふ
2013/08/19 14:40
山じいさん ブログ気持ち玉 ナイスを二つ
ありがとうございました
樹は急くのですが本編アップ、多少の時間がかかりそうです
済みません
また、いらして下さい
かめふふふ
2013/08/19 17:20
8/13に


から
メールを送ったのに・・・しくしく
臆崖道
2013/08/19 21:45
奥黒部からは針ノ木谷から船窪でしたか!
平ノ渡で待っててもスライドできなかった訳ですね
みいさんから奥黒部でスライド予定と聞いて
てっきり黒部ダムへ下山と思ってました。。。
湯俣温泉いつかは浸かりに行かないと
fwix
2013/08/20 01:20
臆崖道さん ありがとうございます
8/13に・・・・かめは温泉沢から赤牛岳、読売新道下降でした。
メール、山中ではメールチェックの習慣がなく・・・・
無線も必要な時にしか電源を入れない人で・・・・・
ひとでなし・・・・・です
また、泣かせて・・・・・・
男を悲しませるわるいひとです 
すんまそng
かめふふふ
2013/08/20 17:05
fwixさん ありがとうございます
奥黒部ヒュッテは予定通りですし、針ノ木谷の古道歩きも予定通りでした。七倉に車を置いてましたので船窪小屋は格好の最後の夜を楽しむ場所!
みいさんの処へはメールで詳しいコースを送っていたんですけど、見落としたんでしょう。
平の渡しは7:50 に通過、船の時間を気にしないで済むコースでしたので・・・・・
6時の船で奥黒部ヒュッテに向かう男性2名とスライド。針ノ木谷に入ってからは平の小屋に泊った船窪小屋の従業員女性(前日にお休み貰って草刈りの為に一人下山したようです)と道しるべの会員男性2名作業中、その前に避難小屋のところで単独男性に追い越されました。
降ってきたのは10人弱でしたかね
渡しで待たせてしまったとしたら申し訳なかったです。
ごめんなさい。
湯俣温泉、解放感は半端じゃないです、最高!
かめふふふ
2013/08/20 17:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
夏の北ア速報 かめふーのひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる