かめふーのひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 25年夏、北アルプス

<<   作成日時 : 2013/08/29 13:38   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 7

画像
平成25年夏、休みは最大で9日間とれそうだった。だが、所属する山の会の月例山行が18日(日)と決まり、その前に帰宅せねばならず、6日プラス予備日を1日として計画を立てた。



画像
8月9日、仕事を終え帰宅後荷物確認。22:26錦糸町ランプ、02:09安曇野(旧豊科)IC通過。コンビニにも立ち寄り3時頃七倉駐車場に到着。ビールを飲んで仮眠。今日のコースはのんびりなのでゆっくりと支度をする。6時少し前、タクシーが客待ちとなる頃、さあ出かけましょうか。


画像
相乗りの相手がいない!やっと現れた単独男性、登山届を出すのを待って出発。高瀬ダムまで3人乗りで2100円と聞いていたが2人は2000円になるようだ。1000円払って高瀬トンネル側で下車。タクシーはもう一人を乗せてブナクラの登山口方面へダム堤上をちょっぴりサービス。だって堤頂長が362mあるからねえ。堤高176m、黒部ダムに次いで日本第二位の高さを誇る。石を積み重ねたロックフィルダム。


画像
高瀬隧道を抜けると慰霊碑。ダム工事に犠牲者はつきものだったのだろう。黙礼し通過。


画像
振り返ると船窪岳が見えた


画像
林道終点7:20、歩行を開始してから65分。おにぎり1個食べる。


画像
8:06 名無避難小屋。『風雪のビバーク』の松濤明最後の山行記録にも名前が出てくる小屋


画像
小さなトンネルを潜り


画像
9:03 分岐、恐ろしいことに北鎌尾根と表示されている。昔は北鎌尾根も一般道だったと言うからね。


画像
吊橋を渡って晴嵐荘へ


画像
今回はツェルト
新しく購入したゴアテックス製。冬に積極的に使用できないかと検討中。


画像
設営とビールを楽しんだ後、墳湯丘を見に。
湯俣川と水俣川の出合。


画像
水俣川を吊橋で渡る。ここから左へ行けば千天の出合へ出る。


画像
湯俣川に入り暫くで対岸に墳湯丘が見えてくる。渡渉して対岸へ


画像
湯が流れ、手掘りの湯溜まり


画像
寝そべると丁度良い。完璧露天風呂
画像
誰も来ないので1時間ほど楽しむ。熱くなったら目の前の川に入りクールダウン、冷えてきたら湯に戻る。そして裸でブラブラぶらぶら!単独男性が現れ交代した。

画像
隣の岩からも湯が湧いている。やがて墳湯丘に成るのだろうか?

ツェルトに戻り、具沢山のラーメンを作り腹に収める。
午後のひと時、先ほどの青年が戻ってきた。小屋前の日よけの下でビールとおしゃべりを愉しむ。つい興に乗って持参した『天使の誘惑』500tに手を付け振る舞う。そのうちに晴嵐荘の管理人が現れて「フランスのジンです」と我らにサービス。お返しに天使の誘惑を・・・・・3人でおしゃべり。やがて夕食の時間が来て管理人は小屋へ、我らは継続。夕食後宿泊客のうち、何人かがテーブルに現れ、皆で歓談。管理人再登場。盛り上がる。天使の誘惑は空に、そして21時お開き。すると若い管理人は『一刻者』を持ち出してきてキリキリと封を開け、かめの空のペットボトルに注ぐ。満タンにしてくれて「上で飲んで下さい!」 こんな人は初めてでっす。


画像
結局夕食は喰わず!4時に目覚め、5時に出発。丁度外に出てきた管理人君に「また来ます」と挨拶。


画像
竹村新道を登る


画像
5:39 展望台


画像
小槍を従えた槍ヶ岳が高く聳える


画像
8:30 湯俣岳 3時間のコースなので30分オーバー。やれやれ
画像
2379m


画像
背後の稜線は野口五郎?


画像
槍が素敵だ


画像
湯俣岳で2人の下山者、そして昨日の単独男性に追い越される。湯俣岳を越えたら急に眠くなりへろへろに・・・・


画像
双六岳、鞍部には小屋も見える


画像
花にカメラを向ける元気もなく
画像



画像
それでも少しづつ南真砂岳が近づき


画像


画像


画像
何人かと擦れ違い
画像



画像
11:18 やっとの事で南真砂岳山頂


画像
今日越える予定だった鷲羽岳は遙かなり!水晶小屋が精いっぱいだなあ。小さな小屋なのでどうだろうか?


画像
己の二本の足で歩くしか
画像



画像
また、何人かと擦れ違い。追い越す人はいない。


画像
お花畑で昼寝をすれば・・・・・・眠いのだ、とにかく
画像



画像
真砂岳直下のトラバース路に入り、12:55 やっと主稜線に辿りついた。真砂岳に登る元気なし


画像
休憩後赤岳へ
東沢谷源頭、黒岳(水晶岳)と左の赤岳(水晶小屋が建つ)。遡行者3名が見えた。


画像
14:23 東沢乗越  丁度2年前、単独で溯ったことを思い出して


画像
15:40 水晶小屋
かめには長い道程でした。ぬの1番を指定される。混んで来たら2番に入ってもらいます。
結局2番は空いたまま、布団1枚に1人、隣が不平声、侵入を認める事に


画像
夕食は2ラウンド目
野口五郎から烏帽子と続き、彼方は針ノ木と蓮華


画像
十数歩歩くと槍が見える。


画像
大天井の背後の夏雲が夕陽に染まった

ブログ容量の都合で続きます





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
二年前の秋に私は竹村新道を下りましたが、すれ違った人は3人だけでした。でも静かで良かったので又歩きたいと思いました。墳湯丘も見学に行き、湯俣でテント張って内湯の温泉も良かったです。
最後の写真、とても素敵ですね。
続きも楽しみにしています。
chiaki
2013/08/29 18:56
mikomaiさん ブログ気持ち玉 ナイスを沢山ありがとうございます。
じたばたしておりまして、下山してから大分時間がたってしまいました。
かめふふふ
2013/08/30 13:39
ハンスさん ブログ気持ち玉ナイス!ありがとうございました。今年の夏は良い天気でしたね。
この日はかめ、眠くなってしまって・・・・
絶不調でした。
かめふふふ
2013/08/30 14:09
山じいさん ブログ気持ち玉 ナイスをありがとうございました。
北アルプスはデカいです
でも、少し頑張って歩けばとんでもなく遠くまであるけますよね。この日のかめは全然ダメでしたが・・・・
かめふふふ
2013/08/30 14:29
chiakiさん コメントありがとうございます
3人とすれ違いましたか。竹村新道を登る人はそんなものですかねえ。もっとも竹村新道のコースタイム6時間50分で分岐、そこから野口五郎の小屋まで40分?水晶小屋までだと2時間、荷が重いと結構しんどい道程ですよね。
晴嵐荘の内湯に入りましたか。500円でしたかねテン泊者は!
墳湯丘脇の露天は無料無料ですが、開放的過ぎですよね笑
最高に気持ちよかったですが ふふふ
夕陽自体はあまり面白い絵になりませんでしたが、背後の雲がきれいでした。もう少し早く気が付けばもっと下まで赤く染まっていたかもしれませんが、これはこれで・・・・
ありがとうございます
かめふふふ
2013/08/30 14:43
はじめましてケン太といいます。
かめふーさんのブログ毎度楽しく拝見させてもらってます。
私も高校の山岳部あがりでおそらくかめふーさんと同じ地域です。現在は百名山踏破をめざしてます。晴嵐荘や高天原は
まだなので行ってみたいです。
どこかの山でお会いできることを・・
ケン太
2013/09/01 11:31
ケン太さん はじめまして
コメントありがとうございます
拙ブログ、訪ねてくださっている様子、うれしい事です。
ケン太さんも高校時代は山岳部でしたか。私達には遠い昔の話となっていますがいまだに交流が有ります。卒業してから47年、ほとんどのメンバーが健在です。高校は横浜北部の当時新設高で僕らは2期です。
百名山が目標ですね、かめは数えてみれば60座を少し過ぎた程度です。年内に2座程度の予定はありますが
晴嵐荘はお勧めです。墳湯丘脇の手掘りが素敵です。
どこかでお会いできますように
かめふー
2013/09/02 09:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
25年夏、北アルプス かめふーのひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる