かめふーのひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 25年夏、北アルプス3

<<   作成日時 : 2013/08/31 09:12   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 5

画像
平成25年8月12日、朝水晶小屋を出て雲ノ平でビールタイム。9:30 高天原へと向かう。


画像
高天原峠に降りましょう。その前にちょっとひと登り。


画像



画像
空が綺麗


画像
森の道ですか


画像
10分程で開け・・・再び樹林帯へ


画像
こんな階段を下ったり


画像
あれ、高天原峠! 峠らしからぬ・・・・・
画像



画像
橋を渡る、あれ沢を渡るかなあ  ああ、橋で沢を渡るだ! いや 橋を歩いて沢を渡るかな  難しい!  岩苔小谷
画像



画像
昭和38年正月、愛知大の13名が迷い込んだ薬師岳東南稜
画像



画像



画像
水晶池経由で岩苔乗越への路、分岐


画像
のんびり歩いて
画像



画像
花を愛でて
画像



画像
11:50 高天原山荘


画像
ビールとうどんを頂く


画像
宿泊の手続きを済ませ、指定場所に荷を置き、必要な物だけ袋に入れてぶら下げ散歩に出る。20分程歩き、温泉へ


画像
高天原温泉 からまつ露天の湯 とある


画像
女性用は左側の囲い、男性用は更衣室のみの露天


画像
良い湯加減です
画像



画像
対岸には更にワイルドな・・・・ケロリンの桶が数個ずつ


画像
温泉の後はお散歩
女性用の脇を登ってゆく


画像
先ず、竜昌池に


画像
直ぐに池畔に出る


画像
畔を一周しようとするが


画像
半周で藪が深くなり戻る。水面に写る薬師岳を期待したが水草が多く!


画像
お次は夢の平へ、途中の池塘


画像
夢の平の標識


画像
夢を壊したのはだあれ?結構な力持ち?


画像
こじんまりですが


画像
さあ、戻りましょう   途中数人とすれ違った


画像
山荘に戻り晴嵐荘で頂いた焼酎をちびり、時間が有り過ぎて・・・・・空になる

夕食後、ちょっとしたトラブルで荷を纏めて小屋を出る。温泉20:22通過、ヘッデン頼りに温泉沢をつめる。
21:49 砂地を見つけてビバーク体制
13日午前3時、目覚めると一面の星空。いきなりの流れ星、そしてもう一つ。あれっそうか!ペルセウス座流星群。時々目を閉じながらも30分間、20個ほどが流れて消えた。
具沢山のラーメン作成、食べきれるか心配したが少し時間をかけて完食。
仕度を整えて5時出発。しばらく歩くと背後に気配、単独男性が、道を譲る。
30分程、沢の中央の大きな岩に左への←。先行男性は気づかなかったのか大分先を歩いている。左手を見るとロープとペンキ印、なにやら小さな看板も見える。大声で先行者を呼ぶ。振り返る彼にストックで取り付き点を示す。理解したのか戻ってきた。


画像
尾根取り付きは右だと思い込んでいましたよ。かめが先に声にすると「ええ、私も・・・」荷を下ろし一息入れるかめをしり目に彼は再び先行して行った。


画像
いきなり樹林帯の急登、40分程で這松帯。がれた急登が続く。大分先に先行者。


画像
赤牛岳の山頂の仰角が少しづつ低くなり


画像



画像
7:58 温泉沢の頭 2870m 背後には本日の3番手若者が追付いてきていた。


画像
赤牛岳へとたおやかな稜線が連なるがなにやら遠いという印象。立山が、黒部湖が、後立が見える。


画像
黒部上ノ廊下で隔てられる薬師岳の巨躯


画像
自分が動かなければ・・・・雲は空を遊ぶが山は声なく佇むのみ、歩み寄ってはくれない。小さな一歩を繋ぐだけだ。あわてず、あせらず、おちついて。


画像
振り返り、振り返り重ねた一歩を確かめる


画像
背中に軽快な足音、単独女性がかろやかにかめを抜き去り、小さな影となった


画像
晴嵐荘のテント男性と擦れ違い。彼は竹村新道を登り烏帽子でテン泊、船窪岳を越えて針ノ木古道を下り奥黒部ヒュッテに幕営。今朝3時だかに歩き始めたとの事。三俣が今日の目標とか。かめより丁度20歳若い!
10:42 赤牛岳山頂、先ほどの女性が待っていた。シャッターを・・・・と笑顔。カメラを見るとかめと同じNikon coolpixAW100 カラーも同じオレンジ
かめ、おもむろにパンツのポケットからそれを取り出して2台並べて彼女に示す。それを見て白い歯を見せて笑いながら「おんなじだー」
背景を変えて4カットサービス。そうこうするうちに同じ方向から2パーティ5〜6人が到着。ソロ女性は挨拶して下って行った。
画像



画像
2864.2m 意外に標高のある山でした。
ここから奥黒部ヒュッテまで下りでコースタイム5時間、さて


ブログ容量の都合で続きます





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
mikomaiさん ブログ気持ち玉 ナイスを沢山ありがとうございます
安定した天気に恵まれて素敵な毎日でした。
北アのほぼ中心部、前後左右に懐かしい山々、なんとも豊かな山の日でした
かめふふふ
2013/09/02 09:04
ハンスさん ブログ気持ち玉 なるほどとナイス
ありがとうございました
コースと日程に少しずれが有りますが、今年の夏は楽しめましたね。車の回送等、参考になりました。
かめふふふ
2013/09/02 09:40
山じいさん ブログ気持ち玉 なるほどとナイスをありがとうございました
次第に体力的に辛くなってきていますが、もう少しは歩けそうです。まだまだあちこち夢は駆け巡ります!
かめふふふ
2013/09/02 09:42
かめふ先輩、どうされたんですか?
暗い場所でペルセ群を眺めたくなった?
拙も同じ頃、笠の麓で野宿してましたが・・・
臆崖道
2013/09/03 22:20
臆崖道さん ありがとうございます
どうされた?縄張り争いに負けたとでもしておきましょう。
頂いた一刻者(いっこもん)が効いたのか?
笠の麓、金木戸川?
昔々、冠松次郎さんも九郎右衛門谷を人夫二人と登っていますね。あの紀行文、現況とはだいぶ違うような気がしますが。
臆ちゃんも未明の空を見上げていたのでしょうか
1分に1個と書いてある記事もありますね。
今年のペルセ群は条件に恵まれたようです。
臆ちゃんの画像を楽しみに、ふふふ
かめふふふ
2013/09/04 08:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
25年夏、北アルプス3 かめふーのひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる