かめふーのひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 中禅寺湖南岸の山

<<   作成日時 : 2013/09/11 11:18   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 8

平成25年9月8日(日)雨、降ったり止んだり、
以前から、気になっていたコースを歩くことにした。
画像


今週は土曜日も仕事、7日、帰宅後山の支度。少し早目に家を出ることが出来た。何時もの様に給油とコンビニ。平井大橋ランプを21:08、東北道を北上するにつれ雨がフロントグラスを叩くようになる。宇都宮22:22、日光道の闇、霧を裂いて日光へ。濃霧のいろは坂を上り歌ヶ浜。立木観音の駐車場へは23時過ぎに到着。雨!
ビール、日本酒で仮眠。多少の睡眠、目覚めると雨が断続。湖面には漁師の船が数隻。ガスコンロで湯を沸かしてカップそば。予定では5時出発だったがとてもそんな気にはなれない、様子見!


画像
なんとかなるだろうと、雨具を着装。ザックカバーも取り付けた。6:55 傘を片手に歩き始める。計画より2時間弱の遅延。

画像
イタリア大使館別荘記念公園、帰途に寄ってみましょうか?

画像
朽ちたボート、明日のかめ!

画像
二つ目のゲート7:26

画像
7:28 半月峠への登山口。少し躊躇い、ここから登ることに

画像
登山口には峠まで1.6qの表示があったが、途中のこれでは足して1.7q、まあいいさ

画像
8:13 半月峠、一息入れる。霧と小雨、半月山は天気の良い時にしましょう。一人旅のお気楽判断!男体山が見えた方がいいよね

画像
阿世潟峠へ

画像
よく整備された路

画像
8:47 阿世潟峠

画像
asegata   azegata  さてどちらなんでしょうか、疑問を背負って山旅を続ける

後日、日本山名辞典を開いてみた。『あぜがたとうげ』と記されていた、一応納得。

画像
9:05 ちょっとした露岩に雨量計?

画像
社山への路、よく整備されているが笹の深い場所も・・・・・

画像
9:54 社山

画像
出発前には、社山で引き返すことも選択肢にあったが!

画像
これで、どうだ!先へ進君

画像
十数分の休憩後、黒檜を目指し GO WEST

画像
こんな色もあるんだ、へぇ〜っ

画像
笹の背の低いところは全く問題なし

画像
裸地には足跡なし、視界が無いと少し不安

画像
1792mあたりだろうか?

画像
なんとなく、みちはつづく。視界があればよさげな雰囲気

画像
所々藪が深いが赤布等に救われる

画像
視界が有れば

画像
快適な部分なのだろうが

画像
気が付くと赤布等をしばらく見ていない、踏み跡はあるのだが、稜線から離れて山腹に続く、違う! 高みを目指して藪と闘うこと10分

画像
しっかりした踏み跡に出る。コンパスを信じて西へ。待望の標識、社山への片道の標識だが安堵

画像
笹藪が茂り、足元が見づらい。笹を分けた下にはしっかり踏まれた路があるのだが、腰まで潜ると足先で探るように歩く。

画像
次の標識、明確に黒桧岳と示す

画像
腰まで潜る怪しの路?

画像
樹木が現れ

画像
振り返る笹原、どうだ!この中に登山道

画像
12:00 大平山分岐?黒檜へは北へ方向を変える

画像
笹が薄くなる

画像
深い樹林帯となる。笹は消え、どこでも歩けそうだが?

画像
営林署のブリキ板を追う、雨止まず!暗い

画像
12:18 千手ヶ原の文字が見えた。山と高原地図にはここに黒檜岳の標識があると記載あるが・・・・・そんなものはない。西へ小さいテープ類が、慎重に進む

画像
辿る事約5分、黒檜岳山頂
フラッシュを焚くと雨粒しか映らないので見辛い画像ですが!

画像
山頂の標高は1976m。 プロトレックの表示は1970m、今回は少し調整に神経を注いだが満足の結果。

画像
雨止まず

画像
憩いには無縁の頂、踵を返す。分岐に戻り千手ヶ原へ。こころなしか踏み跡がしっかりしてきた。13:22、尾根から離れて山腹をジグザグに下る

画像
緩やかな路に変り

画像
中禅寺湖周回線歩道の黒檜岳登山口 13:50
ここから駐車場まで地図のコースタイムで4時間10分。明るいうちに届くのか?ぎりぎりか???

画像
俵石、標識はあったがなにがどれ? 通過13:58
言うまでもなく小さなアップダウンはある。あれっ なんでここに男体山の表示が??? 見えるという事か?なんだかねえ

画像
危険(と思われる?)個所には手すりやロープも。 壊れている個所も!

画像
14:53 白岩展望台。湖が見え、取り囲む山々も一部が姿を現した。雨は上がったのかな?樹林帯の路では定かでないが

画像
16:46 阿世潟 山路終わりだ
画像


画像
ここからは林道のような広い道

画像
振り返ると社山、17:39 立木観音前の駐車場に還りつく。左膝のどこか靭帯を痛めたのか?痛い
雨具を脱ぎながら湯を沸かしてカップめん、朝食用だったが食べられなかったおにぎりセットを頂く。旨し

画像
山と高原地図のコースタイム合計は750分、12時間半!かめは休憩込みで10時間44分。満腹し、帰路に着く。いろは坂は今日も濃霧
ETCの記録をチェックするが日光道路の記録なし?あれどうしたのかな???
宇都宮19:19 東北道から首都高 平井大橋を降りたのが丁度21時。
荷を部屋に担ぎ上げて21:30 左膝が痛くて階段は右足で登った。とりあえず乾杯
翌朝、膝は多少痛むもののなんとか歩けるまでに回復、野生の強みとしておきましょう










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
日光に来られていたのですね。
私は社山までしか言ったことがないですが、黒檜岳とは渋いです。
(さきほど地図でコースを見ました。)
お疲れ様でした。
やまとそば
2013/09/11 19:09
やまとそばさん ありがとうございます
天気が今市?でしたが・・・・・日光結構・・・・です
社山までしか・・・・ふふふ
黒檜岳、雨の所為もありましょうが、暗い山でした。フラッシュ点すと雨滴が反射してしまうし、画像もいまいちいまにでごめんなさい。
千手ヶ原からバスも考えたのですが、折角なので南岸を歩くのも一興かと実行してみました。長い道程でした。
もっと、ゆっくりと楽しめばいいのにね!
歩けるうちはがしがし歩いてみたいかめでっす ふふふ
かめふふふ
2013/09/12 08:44
mikomaiさん ブログ気持ち玉 ナイスを沢山ありがとうございます
日曜日の早朝、自宅で雨の音で目覚めたら・・・・
山になんか出かける気にならないと思いますが、現地入りしてしまうとそのまま帰るのももったいないとなる、貧乏性のかめでした。
一日歩けて満足です、これって変態かも、かめ!
かめふふふ
2013/09/12 08:49
山好きな方は登られましたね。
貸切りだったのでしょうか?
しかし健脚、心技体、素晴らしいです。
14〜16の三連休、天気はイマイチな予報ですね。
天気が良ければ13日を休んで烏帽子でテント、水晶小屋泊、奥黒部ヒュッテテントで行こうと思っていました。
21日は仕事なので読売新道は来年に繰り越しです。
chiaki
2013/09/12 19:59
chiakiさん ありがとうございます
貸切でした!最後に阿世潟からの林道状でランニングの異国の方と擦れ違い、更に同じ方に追い越されました。
14〜16、だめですね。
14日を期待して海谷駒ヶ岳〜鬼ヶ面山〜鋸岳〜雨飾山荘を歩いてみるつもりです。山荘は予約しました。気が変わらないように・・・・・ふふふ
15は雨模様、雨飾山を予定しています。
烏帽子〜水晶〜読売新道は辛そうですね
chiakiさんには佳い目標があるということですね。
かめの場合は・・・GWまでは計画が出来ました。
残雪の野麦峠から乗鞍!  ふふふ
かめふふふ
2013/09/13 08:21
山じいさん ブログ気持ち玉 ナイスをありがとうございます。
天気予報もいまいちでしたが、出かけてしまえばどうにかするだろうと・・・・
家の枕で雨音聞いたら・・・・のんびりしてビール飲み呑み新聞でも広げるしかないです、多分!
かめふふふ
2013/09/17 15:12
お久しぶりです。
南岸尾根と南岸を歩かれたのですね。南岸尾根+北岸は稀に歩かれる方がいますが、南岸+南岸は初見です。
それにしても、雨の中お疲れ様でした。南岸尾根は日光山中でも白根隠山付近と並んで絶景コースです。是非、中禅寺湖が空の色を映し出す日にお歩き頂けたらと思います。
ぶなじろう
2013/09/28 20:11
ぶなじろうさん ありがとうございます
社山・黒檜 気になっていました。立木観音Pを起点とするとこうなりました。人の気配・・・・稀薄でしたね。まあ天候の所為も大ありでしょうが。
半月山も視野にあったのですが天候のせいにして割愛しました。良い天気の日にのんびりしましょうとね、ふふふ
朝の出発時、雨の為7時スタート。この時点でかめは勘違いしておりました。マップのCTトータルで10:30と思い込んで・・・明るいうちに戻れると確信して出発。結構頑張ったつもりでもタイムが縮まらず多少の焦りも・・・・
ブログ記事にしながら見直すと12:30、最初からわかっていたら黒檜は諦めていたでしょう、けがの功名でしょうか
是非、中禅寺湖が空の色を映し出す日に再訪いたします。
かめふふふ
2013/09/30 09:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
中禅寺湖南岸の山 かめふーのひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる