かめふーのひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 海谷駒ヶ岳と雨飾山1

<<   作成日時 : 2013/09/17 14:39   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 13

海谷山塊はかめの憧れの地であった。但し、距離的な事と他の希望の山との兼ね合いで訪れた事は無かった。9月敬老の日の3連休、憧れの地を訪れることに決めた。ところが、天気が・・・・・台風18号も怪しい!

画像
13日の天候はまずまずと踏み、この日に駒ヶ岳から鬼ヶ面山・鋸岳を縦走する事にする。雨飾は翌日、多少の雨でも問題ないでしょう。

画像
金曜日はたまたま仕事の一部、安全運転管理者の講習会、終えてから自宅に直帰し山の支度。首都高の帰宅ラッシュは覚悟の上で錦糸町ランプ19:38
関越道〜上信越道〜北陸道、糸魚川ICを23:44通過、駒ヶ岳林道入り口(少し手前からナビ姫は無口になってしまっていた)には多分、日付の変わった0:25程か?狭い車内を嫌い、テントを張り、ビールとお酒を飲んで寝袋に入った。5時過ぎ、明るくなり起き出す。

画像
2〜3台分の駐車スペースと小公園。展望図が2枚、草に覆われて悲しい。湯を沸かし、カップ麺と握り飯。満腹してテントを畳む。

画像
5:52 人参色のダメオを残し

画像
背後の雨飾山、双耳峰の北峰は少し雲がかかり。この辺りからしか猫の耳は見られないらしい。

画像
5:52 林道駒ヶ岳線を歩き始める

画像
今日の山、左が海谷駒ヶ岳、中央は鬼ヶ面山。右奥は鋸岳の一角かな?

画像
6:33 登山口

画像
林道は先があり、直ぐ奥に小屋とトイレ。駐車スペースも数台。地図によると水場も有るらしいがかめは未確認

画像
その奥で林道は終わる。逆光気味の駒、曇天が重く覆う

画像
登山口に戻り、いざ山へ。7:00 駒清水、顔を洗い、冷たい水を飲んだ。藪蚊が煩い!

画像
ロープや梯子が現れる。

画像
7:45 島滝沢いっぷく で休憩

画像
一段下の沢床を清水が涼やかに走る

画像
やれやれ、お荷物。かめに変身願望は絶無ですが!

画像
岩壁の下に出る、草付きの歩きやすい道
画像

画像


画像
下りの梯子

画像
壁の下、オーバーハングが通路

画像
8:18 ここをバンドと呼ぶらしい、頂上まで90分?

画像
8:31 すくみのテラス 山頂まであと60分?

画像
先端まで行き、覘く。掴まる物がないので高度感は充分。

画像
その後普通の山路となり

画像
三峡からの路?を合せると

画像
駒ヶ岳山頂 1487.4m 9:11 休憩なし!
割られた三角点頭部が痛々しい。

画像
鬼ヶ面山か、頂が木々の上にのぞく
画像


画像
画像
随所にトラロープ等
画像


画像


画像
淡く霧が流れ、歩くにつれて峰が近づく

画像
大分古いロープが泥にまみれ、体重を預ける気には・・・・

画像
そのロープを降りると安定した泥バンドのトラバース

画像
ヤセ尾根を数歩登り
画像
鬼ヶ面山は南側(根知谷側)を捲いて通り過ぎてしまった。山頂への踏み跡を捜すが・・・・直ぐに諦めて先を急ぐ

画像
11:33 海谷高地(憧れの732高地、今は地形図にその表示は無いらしい)からの路を合わす

画像
参考にさせていただいた【旅人】さんのHPの記載通りに大岩に消えかけた下向きの赤ペンキの↓。ロープもあり、躊躇なく降りる。すると斜上するロープとその上に怪しげな梯子

画像
強度は充分とは思うが、そーっと丁寧に登る。背中が・・・・・Su
画像


画像
次々とロープや梯子、が、慎重にいけば無問題

画像
暫く稜上を歩く

画像
ロープはほんの道案内

画像
振り返ると、いつの間にか遠くなった鬼ヶ面山

画像
進む方向には鋸岳が

画像
今来た路を振り返り

画像
あれを越えてきたのです

画像
向かうは最後のピーク、鋸岳
画像

画像


画像
山頂は下山路から少し離れている

画像
傾いた三角点が 1631m 12:44
荷を下ろし、腰を据える
一仕事を終え、なにか拍子抜けしたかめがいた

ブログ容量により、続きます





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
以前に同じルートを歩きました。怖い所もありますが
楽しかったです。
その年は紅葉の素晴らしい時で楽しい思いで一杯です。
スリリングな所もすんなり通過されるのがベテランと言う所なんですね。
鋸だったか鬼面だったか途中で谷へ降りる道もあるそうで
其処も良いとの事、もう行く機会も無いかな?
トヨ
2013/09/17 17:02
 お疲れ様でした。おっと!後編がまだでしたね。
 同じ県内なのですが糸魚川は遠く、あまり歩いていません。でも駒ヶ岳、雨飾山、明星山は登っています。鬼ケ面・鋸は行きたい気持ちは十分なのですが少し怖くて敬遠していました。この辺は海谷渓谷、それに沢山のジオパークがあり魅力的なエリアです。興味が膨らんで来ました。
甘納豆
2013/09/17 17:56
こういう所があるという事も知りませんでした。
かめふーさん、山男、ソロで格好良いです。
興味津々、続きが楽しみです。
chiaki
2013/09/17 18:50
海谷でしたか
その昔、駒から鬼面へ
鬼面から海谷高地に下降してグルリップしました
駒を越えてからの方が怖かったです

鬼面から雨飾、いつかは歩かないといけないかな
fwix
2013/09/17 21:46
トヨさん 早速のコメントありがとうございます
以前に歩かれていましたか
やはり、気になるコースですよね、怖いもの見たさ???
紅葉の頃ならなおさら素晴らしかったでしょうね
混雑を嫌ってこの時期にしてしまいましたが・・・・ちょっぴり残念でもあります。
駒から三峡への路と、鬼・鋸間で昔風にいうと732高地への路がありました。
732高地は是非行きたいと思っています。
かめふふふ
2013/09/18 16:49
甘納豆さん ありがとうございます
糸魚川、遠いですね。雨飾山荘に同宿した新潟市内在住の方が、市内から4時間かかったと仰っていました。かめは東京から5時間ですからそんなに違わない?
未だ、何度か通いたいエリアとなりました。
駒から鬼への下りの部分とちょっと長い梯子以外は左程ではありません。ただ、ロープの古いのは気持ち悪いです。
強度は充分にあるんでしょうが・・・・・
体重を掛けないようにそっと触れていました
かめふふふ
2013/09/18 16:57
chiakiさん ありがとうございます
3連休、当初の計画が天気の為頓挫で、残念でしたね。
でも、流石にchiakiさんです、山を歩いてはいらっしゃる。
海谷、日本中を見渡せばマイナーな場所かもしれませんが、憧れている山好きは結構いると思います。が、数奇者かも???
かめは、まだまだ知らない所ばかりで
山頭火じゃないですが、分け入っても分け入っても・・・です。いつまで山歩きができますやら、ふふふ
かめふふふ
2013/09/18 17:05
ハンスさん ブログ気持ち玉 ナイスと驚いた
ありがとうございます
東京からは少し遠いのですが、良い機会と思い実行してみました。
駒〜鋸は天気がよくないと不安です
雨飾はなんの問題もありませんが・・・・
かめふふふ
2013/09/18 17:07
fwixさん ありがとうございます
やはり、皆さん訪れておりますね。
縦走路、そうですね、駒から鬼へ向かう道、下りのロープが古くて不安でした。あの曲がった長いアングル梯子もちょいびびりますよね。
大丈夫と自分に言い聞かせながらそおっと登りました。
海谷高地へ下られましたか。昔(1/50000図の頃)は732高地と言っておりましたが、1/25000図が流通する今は標高が750とかと直されて、海谷高地というんでしょうか?
海川からの一回りもしてみたいです。
残雪期も凄い魅力ですが・・・・・
かめふふふ
2013/09/18 17:15
mikomaiさん ブログ気持ち玉 ナイスを沢山ありがとうございます。
ありがたい事です。
雨飾山へは大勢登るようですが、根知川挟んだ対岸の山は破線コースでもあり、訪れる人は少ないようです。藪が深いところも何か所かありました。
紅葉の頃は最高の様です。
あ、温泉も良いです。
かめふふふ
2013/09/18 17:21
今晩は。
4年前、あまり予備知識のないまま駒ヶ岳に登り、キバナイカリソウを見てきました。いったん下り、732高地に入りました。今回の記録を拝見すると、やはり周回できるんですね。
また行ってみたいと思います。
山じい
2013/09/18 21:46
山じいさん ありがとうございます
4年前でしたか、やはり皆さん登ってらっしゃる、気になる山ですよね。
根知側から登ったんでしょうかね、山頂のすぐ手前に三峡パークといって今はキャンプ場となっているところへ降りる道がありました。732高地へは鬼ヶ面山と鋸岳の中間から降りる道がありました。紅葉の頃、歩いてみたいと思います。ただ、732高地を歩くには渡渉が沢山あるらしいので対応できる支度で行きたいですね
路の無い近くの山にも登りたいものですが・・ふふふ
かめふふふ
2013/09/20 16:44
山じいさん ごめんなさい
ブログ気持ち玉 ナイスも頂いてました
ありがとうございます
かめふふふ
2013/09/20 16:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
海谷駒ヶ岳と雨飾山1 かめふーのひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる