かめふーのひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 海谷駒ヶ岳と雨飾山2

<<   作成日時 : 2013/09/20 11:56   >>

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 9

画像
平成25年9月14〜15日、海谷山塊の一角と雨飾山を歩いた記録の続きです

画像
14日12:45 鋸岳山頂1631mから雨飾山を見る。霧が湧く、明日登ります、待っていて!
画像


画像
三角点峰から下山路を見る
画像


画像
では、降りますか

画像
13:22 雨飾山荘への分岐。標識杭においたしたのはだあれ?熊さん?、もう!

画像
さて、ここまでくれば、ワインでしょ!ベーコン添えて

画像
15分ほど休み、最後の行程へ。石ゴロゴロの山腹を長くトラバースし、穏やかな尾根に乗り降る。
画像


画像
登山口は治山工事の為か遠回り
画像


画像
14:45 山荘に到着。山荘の方に挨拶をし荷を置いて、下に置き去りのダメオを迎えに車道を下る。

画像
駒から鬼ヶ面への稜線だろうか?右手に聳える

画像
歩き始めて1時間をやや過ぎ、林道駒ヶ岳線入口の展望小公園に到着。今朝ここを歩き始めてから丁度10時間。下山の日に車の距離計で計測すると雨飾山荘(昔の梶山新湯)からこの展望小公園まで車道は6qほどあった。山荘へダメオの力に頼り、戻る。

画像
17:46 夕食 15人程。瓶ビールとお酒2合、料理も美味しゅうございました。朝食を5:30にしてくれと他パーティ。「わかりました、時間には必ずここに来て下さいよ」少しむっとした表情で山荘の御主人。かめには「7時で良いですか?」かめは、ええと答える。明日はのんびりで良いでしょう。

画像
暗い雲が広がるが、意外に視界はある。寝具が4組整えられた部屋に1人。ゆっくり休んだ。

画像
早朝、雨の音で目覚める。5時、山荘内では動き出す気配。かめはのんびり。6:30、朝の営み。6:40、食堂で厨房に声を掛ける。そろそろ朝食で良いですか?昨日下山してきた2組とかめの5人での朝食。他の方は早く済ませて出発したのだろうか?強くは無い雨が降る中を、男女二人は先ほど歩き始めたのを見ていたが。
因みに野菜サラダに添えられたハムは雨飾山の猫の耳を模したとのこと、ご主人のこだわりが・・・・・

画像
駐車場の車に戻って山の支度。今は止んでいるが雨具のパンツを下着の上に直に穿く。上は(少し臭う?)昨日の長袖Kシャツ。登山口は山荘の浴室棟の前。7:11 出発

画像
直ぐに千代の泉。水は山荘で1リットル用意したので素通り。

画像
苔生した岩路を暫く進み、樹林帯を歩く。上方から人声、梯子の下で追付いた。女性4人。昨夜、朝食は5時半に用意してくれと言っていたパーティ、先に梯子を登らせてもらう。登りきると一ぷく処、リーダーの男性が憮然と立ち尽くしている。挨拶して脇を抜ける。雨で日和見していたんだろうか?我儘言った割に遅いです。 8:22 展望が開け、昨日歩いた鬼ヶ面山から鋸岳の稜線

画像
画像の右手は駒ヶ岳。左に遠いのは明星山だろうか、白っぽいのがあの岩壁の一部かな?

画像

画像


画像
9:31 時折小雨の降る中を黙々と歩き、樹林帯を越えたらしい

画像
9:33 左は小谷登山口とある、合流点。山頂へは右へ
画像


画像
笹平を抜け、頂へ最後の登り。

画像
振り返ると乙女の横顔

画像
ジグザグ路を折り返す度に顧みする乙女

画像
9:54 雨飾山山頂 1963m。谷川岳のトマの耳と同じ標高。こちら、雨飾山も双耳峰で猫の耳とも呼ばれるらしい。
深田久弥に久恋の山と愛され、石川欣一にポカリと浮いた可愛い山と評された雨飾山。雨乞いの山説や、アマ火山を聞き誤った説などあるようだ。我らが岩崎さんも蒼山会の頃には足繁く通っていたようだ。

画像
歩き始めて2時間40数分、早い時間だが乾杯!今日のお供はウィンナソーセージ
画像


画像
笹平のお嬢さんの鼻先をくすぐる登山者

画像
標識と三角点の南峰から石仏4体が並ぶ北峰へ移動。この石仏は山寺を見下ろして並び立つ。

画像
大網登山口からの尾根だろうか、踏み跡があるような・・・

画像
いきなり霧が上がってきた。10:26 かめにしては随分のんびりと寛いだ山頂ではあった。深田百名山は未だ63座目です。そういう歩き方をしていないもので・・・

画像
笹平手前から荒菅沢を見下ろす。雪が完全に消える頃にここを登りたかったのだが・・・残雪期の雪渓直登も面白そうだ。
画像


小谷への分岐でしきりに大声で仲間を呼んでいる男性。今朝のパーティだ。大声出すぐらいなら一緒に歩けばいいのになあと思うのはかめだけだろうか? 何か伝言があったら伝えますよ。声をかけては見たが・・・・・
数分下ると女性4名が、上でお待ちかねですよ

画像
11:08 中ノ池?

画像
秋の味覚なら良いのだが・・・茸や山菜、かめはちんぷんかん
画像


画像
11:38 登るときは仲間を待つ男性がいて撮れなかった一ぷく処の看板?ビール下さい!ってここはなんもありません。

画像
すぐ下が長いアルミ梯子

画像
快調に下る

画像
難所のぞき 12:07  何にも見えませんがなにか?

画像
12:23 雨飾山荘到着、そのまま駐車場の車で着替えてから山荘へ。
えっ もう戻ってきたの? 今朝出発するときには3時頃戻りますとか言っておいたんだけど、この天気では昼寝も出来ないしね。今夜も泊ることを昨晩伝えておいたのだ。

画像
千代の泉で追付いた地元?の親子?3人が入湯していた。かめも混ざる。直ぐに一人になる、のんびりする。でも温泉でもそんなにのんびりは・・・貧乏性のかめではあるが

食堂に行き、瓶ビールを愉しみ、お酒2合を貰って部屋へ

画像
17:35 夕食 女性2名とかめの3人
ここでもビール1本とお酒2合。昨夜とは全然違うメニューです。山小屋とこだわっている施設なんですが、越後のおもてなしのこころなのかな。車道が出来て、日本海の海の幸が供せられるようになったと昨夜主人が話していたっけ。

画像
16日、明け方から大雨。7時、食事に降りるとご主人「○さん、お酒は?」一瞬ビールに手が伸びそうになるが「今日は車なんで」 「もう一晩泊りましょう」 「え 明日仕事なもので」

結局、山荘前の露天風呂、都忘れの湯には入らずじまい。

画像
台風の情報もあいまいなまま、8時山荘を出る。折り畳み傘では直ぐに濡れてしまうほどの雨!
ナビをセットし、さて 帰京の旅

糸魚川 8:49 北陸道はかなりの雨、上越ジャンクションで上信越道

更埴Jctを過ぎて山にかかる頃から雨は激しくなる。50q規制。台風18号(マンニィ)は今朝8時過ぎに愛知県に上陸、北へ進んでいるらしい、なんかニアミスだぜ

高速のワイパーでも前方視界不良。豪雨と霧と吹き飛ばされる樹の葉、良い時で前方4台、悪いと2台目が見えるか見えないか?先行車のテールランプと道路の白線を懸命に追う。時折先行車が大きくハンドルを切ると木の枝が・・・・かわす! 藤岡Jct やっと雨量が減った。風も衰えたようだ。車のラジオからの情報ではマンニィはもう東北へ
関越道を少しはしると雲が開き、一部青空が
無事に首都高に入り14時を少し廻り、帰宅

大分被害が出ている様子。あの風雨の中、皆さんよく平気で運転してますねえ、かめは恐かったでっす。

まあ、無事で何より、ワインが旨い

最後までありがとうございます












テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
mikomaiさん いつも速攻でありがとうございます
今日もブログ気持ち玉ナイスを沢山、ありがとうございました
やはり、記事を見ていただいていると感じると嬉しいです。
明日から、会の月例山行で西吾妻山です。
会発足の講師、岩崎元郎さんの案内です。楽しみです!
かめふふふ
2013/09/20 16:50
ハンスさん ブログ気持ち玉 面白い・ナイス ありがとうございました。
メインは駒から鋸岳への縦走だったのですが、折角ですから100名山の雨飾山も往復してみました。
かめふふふ
2013/09/24 09:09
清兵衛さん ブログ気持ち玉 なるほどとナイスをありがとうございました。
頸城山塊とも呼ぶようですが、東京からは少し遠いですね。
帰りの台風は・・・・緊張の運転でした
かめふふふ
2013/09/24 09:11
清兵衛さん ごめんなさい
ブログ気持ち玉、面白いとナイスでした
失礼いたしました
かめ・はっ
2013/09/24 09:15
山じいさん ブログ気持ち玉 なるほど と ナイス
ありがとうございました。
この辺り、面白そうな山が沢山ありますね
732高地へもゆっくり行きたいです
船浦・千丈・阿弥陀  ふふふ
かめふふふ
2013/09/24 09:18
雨飾山の笹平にお嬢様がいたなんて
知りませんでした。
今度登ったときはそっと口づけしてみようかと思いました。

さくっと登り、山荘でまったり・・こんなスタイル出来れば良いですね。
まめちゃん
2013/09/25 09:46
まめちゃんさん ありがとうございます
笹平の乙女(お嬢さん?姫??)
今度登った時・・・是非ぜひ
ただし、歩いている時はおでこか唇かよくわからないと思います。上の方からゆきりんさんにナビしてもらわないとね!
ただし、ゆきりんさんがちゃんと唇の位置を指示してくれるかなあ?喉元や全然違う位置を示したりしてね ふふふ
山荘でまったり、そうですね。コンビニで買ったお酒の残りをちびちびと飲りながら・・・・・至福の時が流れます
かめふふふ
2013/09/25 10:35
>笹平のお嬢さんの鼻先をくすぐる登山者
この写真傑作ですよ!
天候が優れぬ中、頚城三山と雨飾山を駆け抜ける、流石に健脚です。10/6に会山行で雨飾山に登ります。紅葉始まってるかな。
甘納豆
2013/09/25 16:16
甘納豆さん ありがとうございます
そもそも笹平のお嬢さん、教えていただいたのは甘納豆さんです。甘納豆さんのブログで拝見した日からずっとこの目でと思っていました。出発前は雨、歩きながらも小雨が降ったり止んだりで笹平を俯瞰できるのか不安でした。
山頂への最後の登りにかかると背後が気になって気になって!
ジグザグを曲がるたびに振り返り、カメラを構えていました。まるでストーカーの様に!
山頂でワインを楽しんでおりましたら登山者が・・ふふふ
思わずカメラを構えてしまいました。
10/6に会山行で雨飾山ですか、天気に恵まれると良いですね。私は大阪ご夫妻のお誘いで剣岳の北に位置する山へ行く予定です。富山の山岳会の主催の山らしいです。
22日の西吾妻は草紅葉が楽しめました。
ブログに記事アップまで手が届きません・ひーっ
かめふふふ
2013/09/25 18:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
海谷駒ヶ岳と雨飾山2 かめふーのひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる