かめふーのひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 年越しの山、速報

<<   作成日時 : 2014/01/06 14:32   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 6

画像
平成25年暮れから26年の年明けにかけて1週間の山旅でした。
とりあえず速報です。


画像
平成25年12月29日 あずさ1号にて信州入り。路線バスにて釜トンネル入り口の中の湯バス停まで。このトンネルが山と下界とのドアとなる。


画像
8日分の装備にて河童橋まで、重装備の人もちらほら。


画像
岳沢はあいにく


画像
予定通り小梨平にて幕営


画像
12月30日、テント撤収 徳沢へ


画像
良い天気になった


画像
徳沢には6〜7張のテント、小屋からは犬の鳴声、寄らずに通過


画像
長塀尾根下部の急登に取りつく。トレースあり。


画像
1960mあたりの平地に幕営


画像
12月31日、暗いうちに出発準備は整ったが降雪の為に待機。7時過ぎ、小康状態となり行けるところまで行くことにする。


画像
夜来の降雪で所々トレースが埋まっている。ワカンで頑張る。1名が追付いてきた。一時先頭を譲る。下山の単独男性2名とも交差。


画像
長塀山にはかめが先に着く。直後に単独男性、続いて6〜7名の混合パーティが先に進んでいった。


画像
時折地吹雪。思案するが青空も見えるのでもう少し先へ行くことにした。
尾根は一旦下りになる。その途中で混合パーティが引き返す準備をしていた。下りきると単独男性も引き返すとの事、かめは先へ!


画像
登る事1時間後、樹林帯を抜ける


画像
更に進むと蝶ヶ岳の小屋が見える。


画像
12:44 人気(ひとけ)の無い蝶ヶ岳山頂に立った。


画像
蝶の小屋、テントも見えない。
画像



画像
テントに戻る間に単独男性2名と交差
かめの計画では常念岳が目標だったがすっかりその気は失せていた。
画像



画像
夜間降雪。元旦の朝、いつもと同じ風が流れる。



画像
雪の飛ぶ中、テント撤収。蝶ヶ岳の小屋に居たという学生パーティが7名ほど下山してきた。常念を目指したが途中で引き返したとの事。単独のかめの計画は無謀なのだろうな。下山中に5組8名の登山者と交差、重装備は半数か。徳沢にて缶ビール2本を購入、雪を纏い戸外に立ったままで飲み干す。


画像
明神館前に荷物を置いて穂高神社奥宮に寄ることに


画像
トレースあり、雪舞飛ぶ明神橋を渡る。野猿の鳴き声。


画像
穂高神社奥宮の鳥居を潜る


画像
右手に嘉門次のレリーフ


画像
左手の小屋の入り口ガラス戸に手を振る人影。思わず立ち寄るとビールお酒の文字、熱燗でしょう!


画像
楽しいお話を伺いながら2本空けた。ザックに戻ると雪で真っ白。
小梨平への路も風の具合でリセットされて
風強く小屋の陰に幕営、一晩中吹き荒れた。


画像
1月2日、ゆっくりと起き、朝の営み。のんびりとテント撤収。同じ小梨平にテントを再設置。今回は丁寧に設営。


画像
さて冬の上高地を散策に!


画像
岳沢、今日も吊尾根の稜線は見えない。しかしかなり奥まで日が差して


画像
河童橋を渡り梓川右岸を歩く。対岸に六百山


画像
橋から300mはトレールがあったがぷつりと無くなる。橋からウェストンレリーフまでは1100m、800mをワカンで踏んだ。膝下から何か所は膝上までのラッセル。少しだけ意地を張ってみた。


画像
ウェストンレリーフ前の広場までは田代橋方面からの除雪の痕跡あり。しかし雪に埋まっている。


画像
4度目(雪の季節では3度目)のご対面


画像
六百から霞沢岳の稜線が


画像
上高地帝国ホテルを経由して黄昏の河童橋に戻った。写真愛好家男性と散策に来ていた乙女が橋上に。かめ、割り込む。乙女は大正池ホテル宿泊との事で独り戻って行った。岳沢と明神岳の夕景


画像
1月3日 支度を整えてテントを出る。木々越しに輝く山、急いで河童橋へ。西穂・奥穂・前穂をやっと拝めた。


画像
独標から西穂、畳岩の頭への鋭い稜線に朝の陽光


画像
今日は予定がある、急いで明神館へ。明神岳も輝く。


画像
徳本峠へと行けるところまでの予定で分岐から黒沢右岸の林道へ。入り口にはトレールなし。入ってみると数人のワカン跡。20分後に大型テント。そこからは真新しいラッセル路が続いていた。


画像
先行パーティが見えた。その殿が稜線に抜け出た数分後、かめは追付いた。早速ラッセルのお礼を言う。5名の男性パーティ、感じの良い方方だった。抜け出たところは徳本峠から一山越えた西の鞍部、明神からジャンクションピークへ登る夏路が徳本峠の展望台からの路と合する場所だった。峠まで行く皆と別れて明神へ下る。使わせて貰ったステップは一つも崩さぬように慎重に下山した。その後また明神橋を渡りあの小屋へ!今日もお酒2本!埼玉からの常連客Aさんからもバーボンが・・・・
飲みすぎてよれよれとテントに戻った。


画像
1月4日 下界へ戻る日  岳沢は暗く


画像
大正池も寒々と


画像
この隧道を抜けると下界が始まる



詳細は後日、時間を下さい、申し訳なし。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
雪のソロテント泊、さすがです。
凄い雪の量ですね。
速報でも十分楽しめました。
本編も楽しみにお待ちしています。

本年も宜しくお願いいたします。
chiaki
2014/01/06 19:10
 かめ・ふーさん 新年おめでとうございます。
あずさ1号にて信州入り・・・ 毎年聞きますが良い響きですね。
詳細レポ、気長に待ってます。
甘納豆
2014/01/06 21:58
chiakiさん 早速ありがとうございます
釜トンネルを抜けると別世界が始まります。
でも、思ったよりは雪が少ない感じでした。
そんな中、上高地には日帰りスノーシューとか観光目的が大勢います。
正月期は大正池ホテルも宿泊営業していました。
年明けの仕事やなにやかやでレポ遅れる気配が・・・・
今週末も連休になりますし・・・・・
奥多摩の予定ですが。
こちらこそ、今年もよろしくお願いいたします。
かめふふふ
2014/01/08 17:18
ハンスさん ブログ気持ち玉 ナイスを2個と驚いた!をありがとうございました。
1月2月の上高地は3度目になりますが、山を目標にしたのは初めてでした。様子がつかめました。
かめふふふ
2014/01/08 17:20
甘納豆さん ブログ気持ち玉ナイスと面白い!
そして、コメントありがとうございます。
遅れましたが 改めて明けましておめでとうございます。
あずさ1号か3号が北アルプスの東面へのアプローチにはうってつけです。
かめのダメオ号には雪への装備がありませんで、この季節は公共交通機関を利用することになります。
ビールなんぞ飲みながら車窓の景色を楽しみます。
ちょっと陽が当たるとカーテンを下ろす方々がほとんどですが、景色を見る気は無いらしいですね。かめが餓鬼なんでしょうか???
詳細レポ、少々お待ちください。公私ともに大分やる事が煮詰まっておりまして、おろおろ
ごめんなさい
かめふふふ
2014/01/08 17:26
山じいさん ブログ気持ち玉 ナイスを二つありがとうございました。
上高地は天気さえよければ正月も素敵なところです。
小梨平までなら降雪直後以外は山靴だけでも歩けます。
実際、高齢?の女性が二人、空身で歩いておりました。
幕営も面白いです。
装備があれば、ちょっと山の方へも・・・・・ふふふ
かめふふふ
2014/01/08 17:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
年越しの山、速報 かめふーのひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる