かめふーのひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 年末年始の上高地1週間

<<   作成日時 : 2014/01/15 13:24   >>

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 6

平成25年の年末より26年にかけて、休みは8日間。かめの力量で過ごせる北ア、逡巡の挙句上高地を選択。えきねっとで新宿7時丁度のあずさ1号(スーパーあずさ)指定席を事前購入、トク35が利用できて6910円が4480円也に!ありがたい事ですが変更は不能。万一の場合は乗車券のみ利用可!多少のリスクはかかえて・・・・
画像




画像
12月29日、少し早めに新宿駅まで移動して駅弁購入。


画像
季節限定、冬の彩・吹き寄せ弁当、ビールもイタダキマス


画像
松本B・Tから新穂高温泉行路線バスに乗り、中の湯で下車。7〜8人が降りた。入山の届を提出し、支度を整え釜トンネルへ。1300m余のトンネルを抜けるとそこは別世界


画像
13:07 大正池


画像
雪はしっかりと踏まれて


画像
14:24 河童橋たもと


画像
岳沢見えず


画像
冬季も幕営可能な小梨平、今宵の宿
他に3張見える。冬季便所あり。


画像
今回担ぎこんだ夜の伴


画像
ウィスキーも500×2=1リットル


画像
Ballantines FINEST 2本をペットボトルに満タンに詰め替えて


画像
チャーシューに罪はないものの火炙りに!美味し


画像
夕食はアスザックフードのFDカレー、軽いが旨い。湯を注ぎ1分混ぜるだけで完成する。


画像
28日に仕事帰りに寄り道で購入したテントシューズの片方にコードロックの付け忘れ! えっ?こんな事があるんだ??? 直ぐ脱げてしまう う〜む (下山後I○Iスポーツ登山本店にて交換して貰ったが・・・)


画像
ラーメンの朝食後、テント撤収。7:26 ワカンを装着してのんびりと出発


画像
直ぐに徳沢6.2qの標識。


画像
トレールはしっかりと残る


画像
対岸の明神ヶ岳、今日も顔を隠して腹だけ披露


画像



画像
9時過ぎ、明神館。休憩、スノーハイカー数名と下山者?数名


画像
歩き出すと前方遙かに憧れの峰が、コンデジの望遠で引き寄せて見る。


画像
いつの間にか青空が広がっていた


画像
更に進むと


画像
赤沢山か?


画像
徳沢手前で河原に


画像
明神から前穂の稜線がうっすらと


画像
吹きさらしの河原脇の夏路には雪の壁、先行者は河原を進んでいるがあほかめは突進してみた。阿呆の極みだった。


画像
銀嶺が笑う


画像
徳沢 10:53 7張ほどのテント。徳沢園からは犬の鳴き声、スルーして長塀尾根の取りつきで休憩。穏やかな陽射し


画像
長塀尾根は取りつきから急登が続く。一歩一歩、背の荷をゆすりのかめあるき


画像
標高2000mちょい手前の最初の平地で撤収中の単独男性。その先には大型テントの設営跡もある。そちらはパーティ用に残して撤収後のスペースを使わせてもらうことに。この時点で計画の常念岳は放棄、かめには遠い山です。単独男性は今日蝶ヶ岳を往復して、これから徳沢に下るそうだ、14:30。下山の彼を見送り、更に整地をして我が家設営開始。ゴアメスナーテントにスノーフライをセット。十次ペグ12本を埋設、完璧な仕上がりに満足。


画像
16:50 丁度良いころあい


画像
厚切りベーコンに火を通し、雪を融かした湯でホットウィ
狭いテントに芳醇な香りが・・・・ふふふ  至高のひととき


画像
ウインナソーセージにもお手付き!いえ、かぶりつき


画像
梢を揺らす風は夜をこめて続いたがテントには風の影響なし。必要な睡眠はとれ、5時起床で食事。6時に出発と衣服を整え荷も纏めてからフライの吹き流しを開けると雪が舞っている。靴も履いていたので一旦外に出て見たが、う〜m 様子を見ることにした。そういえば3:50に下山する一人の足音が近づき、遠ざかっていたのを思い出す。足跡が残っていた。


画像
7時、明るくなり出発する気になった。必要装備のみ携行してワカンとストックで歩き始める。処々トレールが吹き消されている。


画像
8:51 徳沢と蝶ヶ岳の中間地点


画像
風の具合で先行者の跡が見えない所も。単独男性が追付いてきた。休憩中のかめをスルー。少し先で追いつき再び先頭に。


画像
単独男性が2名降りてきた。少し歩きやすくなる。11時、長塀山山頂。パンを齧るかめの脇を先ほどの単独男性が進んでいった。7名ほどの軽装の男女が続く。


画像
時折吹き抜ける風に地吹雪状態に。しかし空が明るい、うっすらと青空もみえるような・・・・・行けるところまで行ってみましょう。


画像
山頂からは一旦降る。その途中で7人パーティが立ち止まっていた。時間切れで戻るそうだ。鞍部まで進むと先行男性に追付く。蝶の冬季小屋を充てにしていたが今回は諦めて徳沢に降りるとのこと、かめはすすむ。そして蝶まで1q


画像
12:23 樹林帯を抜ける


画像
凍てついた稜線に蝶の小屋が見える


画像
風が・・・・・山頂が見える


画像
人の気配の感じられない稜線、風に飛ばされて雪もない


画像
12:44 真新しい山頂標識
蝶ヶ岳、標高2677mに立った


画像
小屋にテントが見えない。冬季小屋に誰かいるのか?今のかめに、もう関心は無い。


画像
自分撮りの後、踵を返し西の風にまともに向かいもと来た路へ



ブログ容量の都合で続きます











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
静かな上高地ですね。
徳沢にテント7張り、私の想像より多かったです。
2、3張り位かと思っていましたが...。

この時期の蝶ヶ岳、かめふーさん、格好良いです。

続きも楽しみにお待ちしています。
chiaki
2014/01/15 19:26
chiakiさん 早速ありがとうございます
道路封鎖の上高地、なかなかいいです。
徳沢園は営業しております。予約して素泊まりと聞いています。テントは無料、トイレ使用可能。なんといっても徳沢園でビールが調達できます。スーパードライとラガー、選択できました。chiakiさんには無縁かな?
もう少し早い時間にトンネルを抜けられれば初日に徳沢幕営、翌日は長塀山往復、3日目下山。冬の北アの一端が楽しめます。
かめ、格好はよくないですが寡黙に山とお酒を愉しんでおります。
山であいましょう  ふふっ
かめふふふ
2014/01/16 09:16
MORINOBUNAさん ブログ気持ち玉 面白いとナイスを二つ
ありがとうございます。
お正月を北アで! 最近では7回目になります。
エリアは限られてしまいますが、無理のない範囲で楽しみたいとおもいます。
よろしくお願いいたします。
かめふふふ
2014/01/16 09:20
山じいさん ブログ気持ち玉 ナイスを二つ、ありがとうございます。
積雪の上高地、なかなかいいです。
山じいさんなら、明神東稜なぞへいきたくなってしまうのではないでしょうか?
天気に恵まれれば河童橋からの絶景も楽しめますので、スノーシューでのテント泊も・・・・・
山じいさんには物足りなさそうですが?
かめふふふ
2014/01/16 09:24
ハンスさん ブログ気持ち玉 ナイスとなるほど、もひとつおまけのナイス!ありがとうございます。
年末年始を巷で過ごす、そんな平和な時間はかめには似合いませんで大荷物せおってかめあるきしております。
今回は1週間の幕営旅行となりました。
ハンスさんのプロフの画像、遠見尾根からの五竜岳東面。GWの頃でしょうか。五竜岳、厳しくも素敵な山ですね。
北ア、いつ行っても素敵な思い出が残ります。
かめふふふ
2014/01/16 09:37
甘納豆さん ブログ気持ち玉 面白いとナイス
ありがとうございます。
夢は大きく望んでみましたがあっさりと縮小でした。
小梨平の最初の夜、梢を鳴らす風の音に早くも及び腰でした。
長塀尾根の急登に、ほぼ意気消沈。尾根上のテントをさらに前進させようとの気力は無くなってしまいました。軟弱!
かめふふふ
2014/01/17 16:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
年末年始の上高地1週間 かめふーのひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる