かめふーのひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 中退、白毛門

<<   作成日時 : 2014/01/28 12:30   >>

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 9

中退とは、中途退岳の省略である。出字多留大辞典より

画像
雪の山に登りたい。
金曜日の仕事を終えたかめ、帰宅して着替え。昨日準備した荷を担いで亀戸駅へ。2日前に予約しておいた高崎駅前のホテル1・2・3高崎に向かう。ネット予約で5800円のところ、50歳以上という設定があり、5500円也!23:20チェックイン。その後、近くのコンビニで夜食購入。


画像
平成26年1月25日ホテルのサービス朝食は6:30から、ご飯をお替り、ごちそう様。


画像
ホテルの謳い文句は『駅から1分』かめ歩きで2分としておこうか。 高崎7:10−8:13水上8:24−8:33土合駅下り線ホーム


画像
地上への階段下の看板
標高差70.7mを486段とは1段あたり14.55p。建築基準法では住宅の階段は蹴上23p以下、踏面15p以上。オフィスビルでは20p以下で24p以上、大型商業施設では18p以下の26p以上となる。国交省バリアフリー整備ガイドラインによると駅の蹴上、踏面は16p以下の30p以上と決められているようだ。土合駅の階段は蹴上約14.5pで5段毎に踊り場2m位、462段を一直線に地上へ


画像
下車したのはかめの他2人、他に見物客かな男女が佇んでいた・・・・・・
かめの前を女性ボーダーが大きな荷を軽々と背負い颯爽と登って行った。見物人風の男女もなにやら話しながら追付き追い越しその差を広げてゆく。


画像
10段刻みの段目表示をにらみつけながら・・・・・・やっと462段  所要時間9分


画像
ここを通過し


画像
出口までは結局11分かかった。


画像
上り下り共に一日5本しかない(と、この時点では思い込んでいた) かめが乗ってきたのがこの日の最初の下り列車


画像
待合室でスパッツを装着し、オーバーパンツを穿く。自販機で飲み物確保・・・・・・・残念、暖かい飲み物なし!全て冷たい青い表示だ。テルモスに冷たいジュースを入れた。登山届を提出して 9:15 出発
画像



画像
もっと良い天気かと思っていたが・・・・


画像
土合橋袂、MAX土合ベースの駐車場横で車道を離れる。


画像
鉄の橋で東K沢を渡る。手すりの高さまで積雪
画像



画像
先行者がしっかりと尾根を目指していた。登ってゆく登山靴の足跡が頼もしい。ツボ足、Wストックでかめ、あとを追う


画像
尾根に出る


画像
振り向くと


画像
中央は東尾根の末端
衝立岩は黒々としている


画像
深いラッセルを覚悟してきたものの大分楽をさせてもらっている


画像
土合駅裏の赤沢山 1328.1mが次第に低くなり


画像
S字を描くマチガ沢が背後に、西K尾根はH21年の2月28〜29にやはり幕営1泊で登っている。霧の頂だった。


画像
左手は谷川岳ロープウェイ天神平駅


画像
尾根が開けた。休憩した跡があり、かめも荷を下ろした 12:14


画像
今日明日の昼食用としてランチパック4食持参、テルモスの冷たいジュースが悲しい


画像
食べ終えて再び歩き始めると先行者の足跡がワカンのそれに・・・・・少し戻ってかめもワカン装着。12:22、改めて出発


画像
12:55 行く手に稜線が見える


画像
東K沢の奥は武能岳1495m丸山とも呼ぶらしい


画像
小さなピーク、かめのPROTREKは1205mを示す。大分早いがここで泊りましょう。雪を踏んで平らに均し、ゴアメスナーテントを広げて四隅を十字ペグで固定していると上から人声。7〜8人の男女パーティが降りてきた。アイゼン装着が約半数、他は何もつけていない。縦走の装備には見えないし今朝先行したパーティにも見えない。
画像
かめが追ってきた先行者は2〜3人でワカンは木製とアルミ製の2種の足跡だった。簡単な挨拶だけで直ぐに見えなくなった。


画像
14:31 スノーフライを張り、確実に十字ペグで固定。ここら辺の湿った雪は十字ペグがよく効く。設営も比較的楽!


画像
テントの中に入り、先ずは二度目の遅い昼食。


画像
そして14:48 宴会ヶ岳ソロ
家呑みの芋焼酎25度をペットボトルで500t。気温が下がらないので湯は使わずに生でいく。


画像
おや、おつまみチーズが2袋出てきました。食べちゃいましょう!


画像
生ハムとポテトサラダ
焼酎はすいすいはいります


画像
最後に上高地の思い出のビーフジャーキー
すっかり酔っちまって夕食の画像無。白いご飯にアスザックフーズのカレーとハンバーグだったが・・・・・でも完食してます。焼酎のペットボトルも空で

ほわいとあうと と思いたいが ぶらっくあうととの声も 届いて


画像
夜半風の音、しかしテントは揺れなかった。4:30起床、外に出ると雲が流れ月や星が多少見える。なんとかなりそうか?湯を沸かし、ラーメンを食べる。5:20 なんと雨?の音が・・・・
どうも降ったり止んだり、暗い外をヘッデンで見るがやはり雨のようだ。一気にテンション下がる。なんとかラーメンを食べ終えてテルモスをカフェオレで満たす。さて・・・・・・やがて雪になったらしい。どうする・・・・・・あら、外はガスで真っ白。うーん・・・・・次第に明るくなり
山頂への試みはあっさりと断念   テントの中で装備を纏め靴を履き、スパッツを付ける  7:33 外に出た。
なんだか小雪が舞った程度だったのかなあ


画像
視界は少しあるものの


画像
外張りは凍りついていた。袋には入らないので丸めてザックに押し込む。
テント本体も雪を払いながら丸めて無理やりザックの中へ。8:26撤収完了、荷も纏まった。


画像
8:27 さて未練なく下山開始


画像
といいながら背後は気にかかる

下り始めて20分程か 下からの人影。男女が昇ってきた
雪洞ですか?と聞かれ、この上にテントを張りましたと答えた


画像
途中一度荷を下ろして休憩。9:59 東K沢の橋
スノーシューの足跡が無数に残る

丁度対岸を十数名のスノーシューパーティが湯檜曽川の奥へと向かうのが見えた。


画像
10:12 MAX脇で国道に出る
土合山の家の前にも準備中のスノーシューパーティ 大勢
その先で一列になってこちらに歩いてくる集団30名ほど、スノーシューを左手に、ストックを右手で肩に乗せ掛け、ほとんど全員が同じような動作で・・・兵隊さんか???・・・・


画像
10:21 土合駅


画像
日本一のもぐらえき

待合室には数人の若者、かめはテントなどを取り出し、氷を落とし雪を払った。冷たい飲み物しかない自販機をしり目にテルモスの熱いカフェオレで一息


画像
ふと時刻表に目をやると・・・・・・
なぬなぬ! 下に小さく臨時列車の案内  10:17に上り水上行が・・・・・・・ ああああ なんてこったい
知っていれば・・・・・・

12:26まで お・あ・づ・け

バスを利用する手もあるのだが なぜか全くその気にはならなかった


画像
いつから設置されているのか 乗車駅証明書発行機
以前は無かったような・・・・・・
じっくりと時間をつぶして12:20、無人の改札を抜ける

土合駅から乗車はかめを含めて5名


画像
1両に10人程の乗客、列車が動き始めると直ぐにかめ一筋に迫る可愛い車掌さん、な なっ   
あ、亀戸まで
2940円頂きます

水上で跨線橋を渡り高崎行に乗換、高崎からは特別快速湘南新宿ライン小田原行に乗換
新宿で総武線各駅停車に乗換
早々に帰宅しました

んで、何しに行ったんだっけ???

まあ、ワインを飲みましょうか?


最後までありがとうございます ふふふ













テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
高崎駅、見慣れた駅です。

階段、462段、ビックリしますね。
私は一度も通った事がないのです。

貸し切りで静かな雪山テント泊は、何より素敵な贅沢なひと時のような気がします。
chiaki
2014/01/28 20:41
MORINOBUNAさん ブログ気持ち玉 ナイスをふたつ  ありがとうございます
土合駅の下りホームに降りる人は少ないですね。お利口さんは越後湯沢なり土樽から引き返して地上線の登りホームを利用するようです。水上からのバス利用もありますしね。
でも、山に登ることを考えたら たったの71mの登りなんですけどね ふふふ
かめふふふ
2014/01/29 09:17
ハンスさん ブログ気持ち玉 なるほどとナイス
ありがとうございます
天気予報で日曜日は広範囲に雨と・・・・力のある人には土曜日に山頂を極めてから幕営を愉しむという手があったと思いますがかめにはそんな力はありませんでした。
せめて朝のうちに頂上までと甘い考えでしたが・・・・
又出かけて見ます。ふふふ
かめふふ
2014/01/29 09:21
たっくんさん ブログ気持ち玉 ナイス
ありがとうございます
お酒のブログを開いてらっしゃるんですね。かめも大好きなんで今度ゆっくりお邪魔したいと思います。
山にお酒を持ち込むのは大反対と言う方もいらっしゃいますがかめにはお酒は付き物です。テントの中でひとり静かにやるのが好きです。日帰りの山でも少し用意して行きます。ふふふ
かめふふふ
2014/01/29 09:32
山じいさん ブログ気持ち玉 ナイスをふたつ ありがとうございます
白毛門に登るのは初めてでした。山頂には2度立っていますが、1度目は湯檜曽の本谷を登り、白毛門沢を下降。2度目は台風接近中にゼニイレ沢を登り登山道を下りました。
雪の白毛門、なんとか山頂まで行きたいと思います。
そのうちに何度か・・・・・試みて見ます。
かめふふふ
2014/01/29 09:39
chiakiさん いつもコメントありがとうございます
高崎駅、通過はするのですが降りた事はほとんどありません。
土合駅は遠いです。って時間的(気持ち的?)にですが・・・・
それが金曜日に駅近くに泊るという発想になりました。特急を利用する手も考えたのですが数日前では有効な列車の指定席が取れませんでした。普通列車でビジホ利用、特急利用と費用は同じくらいです。
昔は夜行列車がありましたが・・・・・今は不便です。
車が使えればいいのですがかめの車は雪用装備がありませんので冬眠中です。
あの階段は一度は登ってみてください。
車で行って見学することも可能です(と、思います?)
この駅がまだ有人だった頃、下り列車の改札は発車時刻の10分前に終了していました。
テント泊、大変なこともありますがかめも大好きです。ただしかめの場合は大人の飲み物付きが必須条件ですが・・・・ふふふ
雪洞もいいもんですよ
棚なんか作ってね・・・・・いかが?
かめふふふ
2014/01/29 09:56
青木院長さん ブログ気持ち玉 ナイスを
ありがとうございます
旅がお好きとの事、良いですね。
かめ、昔スクーバダイビングをしていた頃、モルジブも夢でした。結局行かずじまいでしたが・・・・
高校から20代半ばまでの第一期の山時代。30代の第二期、そして今50代半ばからの第三期が10年程続いています。
山とお酒、とっても好きです。お医者さんにはお酒は???と言われそうですが・・・ふふふ
かめふふふ
2014/01/29 11:21
中退は、中途退岳の略でしたか!
私は、無雪期でも中退をしてますので
この天候ではやむを得ないですね・・・
亀戸からお疲れ様でした。
岳人の住まいは、やはり高崎が一番理想ですね
山好きに、高崎に家を構えている人が増えてますね
新幹線通勤で都心にも通えますから
清兵衛
2014/01/30 22:45
清兵衛さん コメントありがとうございます
中退の言い訳を考えましたが出てきませんで、出字多留大辞典をでっちあげました。
土合は不便です、昔の夜行列車が懐かしいです。青春の一コマとしておきましょう。
車を使えればもう少し楽なんですが、この季節かめの車は冬眠しています。
次の日曜日も公共交通機関の利用を考えています。まあ、お酒が飲みたいだけですが・・・・・ふふふ
岳人の住まいには高崎でしたか?確かにあちこち便利そうです。新幹線通勤ですか。う〜n かめには 今のバス通勤がやっとこです。
清兵衛さんはさいたま市と文京区、素敵な暮らしをなさっていますね。
かめふふふ
2014/01/31 17:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
中退、白毛門 かめふーのひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる